あかいわ発達障害支援センター

あかいわ発達障害支援センターは発達障害に関する相談機関として平成22年に開設され、平成30年4月から「子ども・障がい者相談支援センター」に統合されました。

発達障害とは?

広汎性発達障害(自閉症など)、学習障害、注意欠陥多動性障害などは、脳機能の発達に関係する生まれつきの障害です。発達障害がある人は、コミュニケーションや対人関係を作るのが苦手です。また、周囲から気づかれにくく、その行動や態度は「自分勝手」とか「変わった人」と誤解されやすい障害です。発達障害は、親の育児や本人の努力不足が原因で起こるものではありません。障害名でひとくくりにできるものでもなく、障害の程度や年齢、生活環境などによってその現れ方は一人ひとり異なります。

発達障害のある人一人ひとりが能力を伸ばし、地域社会で共に生きていくためには、子どもの時からの「気づき」と「適切なサポート」そして、発達障害に対する周囲の「正しい理解」が必要です。

この記事に関するお問い合わせ先

保健福祉部 社会福祉課

〒709-0898 岡山県赤磐市下市344
電話:086-955-1115
ファックス:086-955-1118
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁

メールフォームからのお問い合わせ