山陽団地遺跡発掘50周年 赤磐市史跡シンポジウム「2000年前の吉備~なぜ弥生人は丘の上に住んだのか~」を開催します

(イメージ)山陽団地遺跡発掘50周年 赤磐市史跡シンポジウム「2000年前の吉備~なぜ弥生人は丘の上に住んだのか~」を開催します

開催場所・会場
赤磐市立中央公民館 2階大集会室(岡山県赤磐市下市337)
開催日・期間
令和元年8月24日(土曜日)13時から16時45分(12時30分開場)
イベントの種類分野
イベント / 芸術・文化
イベントの詳細
内容

赤磐市南西部の丘陵上に山陽団地の開発が計画され、これに伴う大規模な遺跡発掘が行われてから今年で50周年を迎えます。

この発掘ではさまざまな歴史的発見がありましたが、なかでも弥生人の暮らした丘の上の大集落・用木山遺跡の存在は、大いに注目されました。人々はなぜ平地ではなく斜面を切り拓き、丘の上に住まいをつくったのでしょうか?

第一線で活躍する研究者がこの謎に挑み、2000年前の赤磐、そして吉備の実像に迫ります。

  • スライド報告「山陽団地内遺跡群の概要」(市職員)
  • 特別講演「高地性集落と弥生時代の社会変化-用木山遺跡成立の背景-」松木武彦(国立歴史民俗博物館教授)
  • 講演「なぜ弥生人は高台に上がったのか -近畿弥生集落からの模索-」秋山浩三(桃山学院大学客員教授・大阪府立弥生文化博物館副館長)
  • パネルディスカッション「2000年前の吉備~なぜ弥生人は丘の上に住んだのか~」コーディネーター:宇垣匡雅(岡山県立博物館)、パネリスト:河合忍(岡山県教育庁文化財課)・講演者・報告者
定員

200名

申込み

不要

関連ファイル
費用

無料

問い合わせ先

教育委員会 社会教育課 文化財班
〒709-0816 岡山県赤磐市下市337
電話:086-955-0710

地図情報

関連イベント

更新日:2019年07月12日