赤磐市 英語版 携帯サイト サイトマップ このホームページについて
文字サイズ変更
トップページ 新着情報 業務一覧 生活地図 くらしのガイド 観光情報
市からのお知らせ 市から皆さんへのお知らせです トップ>市からのお知らせ

その他の新着情報
こちらから

まちのニュース
PDFファイルの閲覧には
アドビリーダー(無料)が必
要です。
(下のボタンから入手できま
す)
6月は「おかやまマイバッグキャンペーン」です(2016.5.27)
 皆さん、買い物の際にはマイバッグをお持ちですか?
 県では、各店舗や消費者の方と協力して、6月に「おかやまマイバッグキャンペーン」を実施します。
 家庭からは毎日、生ごみ、紙類、容器、包装など、多くのごみが出されています。「おかやまマイバッグキャンペーン」は、レジ袋の削減を通して環境にやさしいエコ・ライフスタイルを広めることを目的としています。私たち一人ひとりがごみを出さない買い物を心がけることは、ごみの減量だけでなく、地球温暖化の防止にもつながります。
 皆さんもこの機会に、マイバッグを持参して、レジ袋の削減に御協力をお願いします。そして、包装ができるだけ少ない商品や再使用できる容器や詰め替え製品を選ぶなど、毎日の買い物から環境にやさしい生活を始めましょう!

【問い合わせ先】
岡山県環境文化部循環型社会推進課  TEL:086-226-7306
このページのトップへ
教育委員会定例会の開催について(2016.5.26)
教育委員会の定例会を次のとおり開催します。
なお、都合により日時、会場が変更になる場合がありますので、傍聴を希望される方は、事前にお問い合わせください。

■日時/6月16日(木) 午後3時~
■場所/中央公民館 2階 第2会議室
■付議案件
 ・教育長等の報告について
 ・議案の審議
■公開の別/公開
 会議は公開としています。ただし、人事に関する案件や、個人情報に関する案件などについて、非公開となる場合があります。
■傍聴受付に関する要領
 傍聴を希望する方は会議開始30分前から開会までに、開催される会議室前で受付を行ってください。(定員5人 受付順)

【問い合わせ先】
教育委員会教育総務課 TEL:086-955-6807
このページのトップへ
アライグマ・ヌートリア捕獲従事者講習会(2016.5.26)

 アライグマ・ヌートリアは、農作物に被害を与えるだけでなく、在来種・希少種の生態系にも影響を与える外来生物です。
 市では、農作物被害でお困りの方などが狩猟免許がなくてもアライグマ・ヌートリアを捕獲できるようになる講習会を開催します。
 受講を希望する人は、本庁農林課または各支所産業建設課までお申し込みください。
 なお、事前受付は6月17日(金)までですが、当日参加も可能ですのでふるってご参加ください。

■日時/6月26日(日) 午前10時~
■場所/赤坂健康管理センター(町苅田514)
■参加費/無料
■対象者/農業従事者(自身が耕作する農地が赤磐市内にある人。兼業可)
■申込期限/6月17日(金)

【問い合わせ・申し込み先】
本庁農林課  TEL:086-955-6174
赤坂支所産業建設課  TEL:086-957-4824
熊山支所産業建設課  TEL:086-995-1217
吉井支所産業建設課  TEL:086-954-1319
このページのトップへ
「あかいわ創業塾」塾生を募集します(2016.5.26)

 赤磐市で起業したい方を対象に「あかいわ創業塾」を開催します。
 「会社を設立したい!ずっと夢だったお店を開きたい!」とお考えの方必見です。「創業に成功するために何が必要か」「経営とは?」など創業に必要な経営ノウハウの習得を目指します。あかいわ創業塾で夢を実現させませんか!!
 本事業は「赤磐市創業支援事業計画」に基づく特定創業支援事業となっています。
※全5回の講義のうち4回以上履修して、<経営><財務><人材育成><販路開拓>の4分野すべてを習得した方が対象となります。

■日時
6月26日(日)
13:00~17:00
創業に成功するために/経営の基礎を学ぶ/
事業アイデアを考える/起業者に学ぶ
<人材育成>
<経営><販路開拓>
7月 3日(日)
13:00~17:00
創業の基礎知識を学ぶ/
事業の概要をまとめる
<経営><人材育成>
7月10日(日)
13:00~17:00
売り方を考える/
ビジネスプランの作成方法を学ぶ
<販路開拓>
<経営><人材育成>
7月24日(日)
13:00~17:00
会計基礎、資金繰りの考え方を学ぶ/
資金調達と公的支援制度の活用
<財務><経営>
7月31日(日)
13:00~17:00
ビジネスプランを完成しよう/
ビジネスプランを磨く
<経営><人材育成>
<財務><販路開拓>

■場所/赤磐市山陽産業会館 2階 ふるさと交流室

■対象者
 ・これから創業・起業を予定している方、創業して間もない方
 ・事業承継予定者、創業に関心があり経営について学びたい方

■定員/20人(先着順)

■受講料/5,000円

■講師
 有限会社 ウェーブ代表 藤田悠久雄 氏
 独立行政法人 中小企業基盤整備機構 中国本部 経営支援アドバイザー

■申込方法/チラシ裏面の参加申込書にて、お申込みください。

あかいわ創業塾募集チラシ[PDF/1.08MB]

【問い合わせ先】
赤磐商工会  TEL:086-955-0144  FAX:086-955-0376
このページのトップへ
熊本地震災害義援金の受付窓口の設置・受付状況について(2016.5.24)
 平成28年熊本地震災害義援金の受付状況は次のとおりです。
 被災地へなるべく早くお届けできるよう、直ちに日本赤十字社岡山県支部に送金します。

【赤磐市からの送金額】  2,052,656円 (平成28年5月24日現在)

 この度の平成28年熊本地震で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に深くお悔み申し上げます。
 赤磐市では、「平成28年熊本地震災害義援金」の受付窓口を設置し、次の場所で募金を承っております。皆様のご協力をお願い申し上げます。
 お預かりした義援金は、日本赤十字社を通じて、被災地の皆様にお届けします。

【設置場所】
①赤磐市役所 1階 会計課窓口
②赤坂支所   1階 受付窓口
③熊山支所   1階 受付窓口
④吉井支所   1階 玄関付近
⑤桜が丘出張所
⑥仁堀出張所

【受付期間】
平成28年4月18日 ~ 平成28年6月30日まで

【問い合わせ先】
本庁社会福祉課  TEL:086-955-1115
このページのトップへ
年金生活者等支援臨時福祉給付金の受付は8月9日(火)までです(2016.5.24)
年金生活者等支援臨時福祉給付金の受付は8月9日(火)までです。。

■支給対象者
 平成28年度中に65歳以上となる人(昭和27年4月1日以前に生まれた人)
 平成27年度分の住民税(市民税、県民税)が課税されていない方が対象です。
 ただし、
 ・課税されている方に生活の面倒をみてもらっている場合
  (住民税において、どなたかの扶養となっている場合)
 ・生活保護制度の被保護者となっている場合
   などは対象となりません。
※平成27年1月1日時点で住民票が赤磐市にある方が対象です。

■支給額/1人につき30,000円 (支給開始時期は平成28年5月下旬)

■申請方法
 支給対象と見込まれる方に申請書類を郵送します。申請書が届いた方が必ずしも給付対象となるわけではありません。
 書類の内容を確認し、支給要件を満たす人は、申請書に必要事項を記入した上で、必要書類と一緒に返送または受付窓口へ提出してください。
○受付窓口/本庁1階第2会議室「給付金窓口」及び各支所健康福祉課
○申請期間/5月9日(月)~8月9日(火)
○提出書類
 ①申請書
 ②本人確認書類…運転免許証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード、健康保険証、
   障害者手帳、介護保険被保険者証などの写し
   ※ただし、平成27年度臨時福祉給付金を受給された方は省略出来ます。
 ③受け取りに指定する口座が確認できる書類…金融機関名、口座番号、
   口座名義人(カナ)がわかる通帳やキャッシュカードの写し
※昨年度「臨時福祉給付金」を受給された方で、同じ口座を希望される場合は提出不要です。

■Q&Aコーナー
Q.住民税(市民税・県民税)が課税されているかどうか、どうすれば分かりますか?
A.例えば、6月に税務課から納税通知書が送付されている場合、給与から天引きされている場合、ご自身の給与や年金の収入が非課税限度額以上の場合には、基本的に住民税が課税されています。

◎振り込め詐欺にご注意ください!!
 市などが臨時福祉給付金の手続きに関する手数料の支払いや振込を求めたり、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いしたりすることは絶対にありません。
 不審な電話などがあった場合は、すぐに市の窓口または警察署に連絡してください。

【申請に関する問い合わせ先】
・本庁「給付金窓口」 TEL:086-955-1267
・本庁社会福祉課   TEL:086-955-1115
※受付時間/午前9時~午後5時(平日)

【制度に関する問い合わせ先】
・厚生労働省専用ダイヤル TEL:0570-037-192
このページのトップへ
「直原玉青 特別展」の開催について(2016.5.23)
 赤磐市出身(旧吉井町)の南画家、直原玉青の没後10年を偲び、特別展を開催します。

■開催期間/6月1日(水)~30日(木)  午前10時~午後6時  ※月曜日休館
■場所/吉井生涯学習センター(吉井図書館2階)
■入場料/無料

直原玉青特別展チラシ[PDF/937KB]

【問い合わせ先】
吉井公民館  TEL:086-954-1379
このページのトップへ
カップリングパーティーの開催について(2016.5.20)
 和気町・赤磐市1市1町合同結婚推進委員会では、婚活イベントとしてサマーカップリングパーティーを開催します。
 パーティーの前にはスキルアップセミナーで参加者の方をフォロー、また、万華鏡作りをしながら話しやすい雰囲気を作っていきます。
あなたも、素敵な出会いをみつけませんか?ご応募、お待ちしています。
 詳しくはこちらからチラシ[PDF/1.94MB]をご覧ください。

【事務局】
本庁まち・ひと・しごと創生課 TEL:086-955-1220
【問い合わせ・申し込み先】
有限会社 チアーズ TEL:086-484-0020
このページのトップへ
救命講習へ参加しませんか?(2016.5.20)
 突然家族の心臓が止まったら…。そんなとき、命を救うことができるのは、そばに居るあなたです!
 心臓が止まったときに有効なAEDの使い方や心臓マッサージの方法、その他さまざまなケガに対する適切な応急手当てを分かりやすくお教えします。年齢や性別は問いません。いざというときに大切な命を守るのはあなたです。この機会にぜひ参加してみてください。

■日時/6月26日(日) 午前9時~正午
■場所/赤磐市消防署北出張所 会議室
■受講人数/ 10人程度
※受講希望者が少数の場合はやむを得ず中止となることもあります。ご了承ください。
■参加費/無料
■申込期限/6月17日(金)

【問い合わせ・申し込み先】
消防本部警防課救急係 TEL:086-955-2254
このページのトップへ
お笑い赤坂亭定例寄席(20周年記念)の開催について(2016.4.26)
「お笑い赤坂亭」が完成し、喜助師匠が赤磐市(惣分)に移住し、20年の節目となることから、5月の定例寄席は、雷門一門および上方から多数の咄家(はなしか)を招き、時間を延長し開催します。落語に興味のある人も、寄席に行ったことのない人も、皆さんお誘い合わせお越しください。

■日時/5月28日(土)  午後2時~午後4時30分(予定)
■場所/赤坂健康管理センター多目的ホール(赤磐市町苅田514)
■料金/大人500円、小学生以下250円
■出演/雷門喜助、雷門助六、桂団朝、桂三金、桂三ノ助、津山マジック
■その他/スタンプ5個及び10個で記念品を差し上げます!!

お笑い赤坂亭定例寄席(5月お笑い赤坂亭)[PDF/3.64MB]
お笑い赤坂亭定例寄席(平成28年度年間スケジュール)[PDF/678KB]

【問い合わせ先】
赤坂支所産業建設課  TEL:086-957-4824
このページのトップへ
熊山英国庭園の臨時開園について(2016.4.22)
 熊山英国庭園では、ゴールデンウィーク及びバラの開花時期におきまして、下記のとおり臨時開園をいたします。多数の方のご来園をお待ちしております。

■臨時開園日
 5月6日(金)、5月18日(水)、5月25日(水)、6月1日(水)、6月8日(水)

【問い合わせ先】
 熊山英国庭園       TEL:086-995-9300
 熊山支所産業建設課  TEL:086-995-1217
このページのトップへ
赤磐市男女共同参画推進審議会の委員を募集します(2016.4.22)

 市では、男女共同参画の推進に関する施策について、市民の皆さんからのご意見を幅広く反映させるため、赤磐市男女共同参画推進審議会の委員を募集します。男女共同参画社会の実現に向けて、一緒に取り組める人をお待ちしています。
 今回の募集は、現委員の任期が6月30日で満了することに伴うものです。

■募集人員/3人以内

■任期/平成28年7月1日~平成30年6月30日

■応募資格
 市内在住・在勤・在学の20歳以上(平成28年4月1日現在)の人で、男女共同参画に関心と見識を持ち、継続して平日に開催する会議に出席できる人

■応募方法
 本庁協働推進課または各支所市民生活課に備え付けの応募申込書に必要事項を記入し、「私が考える男女共同参画」についての作文(800字以内、様式は自由)を添付して提出してください(郵送可)。
応募申込書[Word/39KB]・[PDF/79KB
作文原稿用紙[Word/101KB]・[PDF/41KB

■応募期限/5月31日(火)必着
※選考結果は、各個人あてに通知します。

【問い合わせ・申し込み先】
本庁協働推進課  TEL:086-955-1114
このページのトップへ
永瀬清子展示室企画展「詩誌『黄薔薇』のあゆみ―永瀬清子から髙田千尋へ」を開催します(2016.4.15)

 永瀬清子展示室企画展「詩誌『黄薔薇』のあゆみ―永瀬清子から髙田千尋へ」を開催します。
 この展示では、永瀬清子とともに岡山の現代詩の歴史を刻み、現在も発行中である詩誌『黄薔薇』のあゆみを、髙田千尋氏の詩業とともに紹介します。ぜひご覧ください。

■開催期間/4月22日(金)~7月31日(日) 午前9時~午後5時  ※休館日…月曜日
■場所/永瀬清子展示室(くまやまふれあいセンター2階)
■入場料/無料

詳しくはこちらからチラシ[PDF/567KB]をご覧ください。

【問い合わせ先】
教育委員会熊山分室  TEL:086-995-1360
このページのトップへ
赤磐市国民健康保険データヘルス計画を策定しました(2016.3.30)
 赤磐市では、赤磐市国民健康保険被保険者の健康保持増進のため、レセプトデータ及び健康診査データの分析を行い、平成27年度から平成29年度を計画期間とするデータヘルス計画を策定しました。本計画は、被保険者の健康状態を把握し、PDCAサイクルに沿った効果的かつ効率的な保健事業の実施及び評価を行うことを目的としています。
 計画内容は、下記よりご覧いただけます。

赤磐市国民健康保険データヘルス計画書[PDF/4.63MB]

【問い合わせ先】
本庁市民課国保年金班  TEL:086-955-1113
このページのトップへ
平成28年度市民活動実践モデル事業の実施事業が決定しました(2016.3.15)
 平成28年度市民活動実践モデル事業の実施事業が決定しました。

 本市では「地域の活性化」と「協働のまちづくり」を進めるため、市民(市民活動団体等)の皆さんと、赤磐市が協力して地域の様々な課題解決を図る「市民活動実践モデル事業」を創設しました。

 平成28年度実施事業については、10団体から事業提案があり、2月23日(火)に開催した、公開プレゼンテーションによる事業審査会の結果、次の5団体の事業採択が決定しました。

 ・特定非営利活動法人赤磐子どもNPOセンター
 ・赤磐市野生動植物調査会
 ・特定非営利活動法人たけやり子ども発達研究所
 ・特定非営利活動法人赤磐市市民活動支援センターどんぶらこ
 ・桜が丘東青年会
                   (プレゼンテーション審査の発表順)

 今後は、採択団体と赤磐市との間で事業に関する協定を締結し、事業を開始します。
 事業は、平成28年4月1日から平成29年3月31日までです。
 事業の取り組みの様子は、随時ご紹介します。

【問い合わせ先】
本庁協働推進課  TEL:086-955-1114
このページのトップへ
木造住宅の耐震診断・改修事業の受付(2016.3.11)
 昭和56年5月31日以前の旧建築基準で建てられた建築物は、一般的に地震に弱いとされています。
 市では、地震に強く安全で安心なまちづくりを推進するため、古い基準で建てられた木造住宅の耐震診断を行う人に対して経費の一部を補助しています(自己負担額1万円)。
まずは、専門家による耐震診断を受けて住宅の耐震性を確認しましょう。診断の結果、耐震性が一定の基準に満たなかった場合は、耐震改修工事の経費の一部(対象事業費の23%、上限30万円)を補助する制度も利用できます。
 大地震に備えて自宅の耐震化を進めましょう。

■受付開始日/4月4日(月)
※受付順に審査を行い、補助金の交付決定額が予算額に達した時点で受付を終了します。補助要件や手続きなど、詳しくはお問い合わせください。

【問い合わせ・申し込み先】
本庁都市計画課  TEL:086-955-1485
このページのトップへ
個人番号カードを申請したら、「個人番号カード交付通知書」が送付されます(2016.3.11)
 個人番号カードを申請した人へは、発行準備が整った段階で順次「個人番号カード交付通知書(はがき)」を住民登録している住所に転送不要で送付しています。
 なお、制度開始時のため、申請から交付通知まで3カ月程度かかる見込みです。原則本人がお越しください。
 詳しくは、個人番号カード交付通知書(はがき)、または個人番号通知カードの通知に同封された「ご案内(水色冊子)」をご覧ください。
■交付場所・時間
 本庁市民課 午前8時30分~午後5時15分 (土・日・祝日を除く)
■受取に必要なもの
①個人番号カード交付通知書(はがき)
②通知カード
③住民基本台帳カード(お持ちの人のみ)
④本人確認書類 
・1点でよいもの…運転免許証、旅券、身体障害者手帳など顔写真付きの公的身分証明書
・2点必要なもの…健康保険証、年金手帳、介護保険被保険者証、学生証など官公署が発行しているもの
※詳細についてはお問い合わせください。

マイナンバーカード例

【問い合わせ先】
本庁市民課市民サービス班  TEL:086-955-1112
このページのトップへ
赤磐市内のAED設置場所の追加のお知らせ(2016.3.7)
 赤磐市のAED設置場所を下記のリンクページでご紹介します。

 赤磐市内に設置されているAED (自動体外式除細動器)の地域別及び業種別の一覧です(平成28年1月末現在)

つなぐ救命の連鎖
 倒れた人を発見したら、119番通報し、意識と呼吸の有無を確認して胸骨圧迫・人工呼吸・AEDを使用しての心肺蘇蘇生を実施してください。駆けつけた救急隊へ引き継ぎ、医療機関での処置を受けることで大切な命を救うことにつながります。
 AEDの設置場所を多くの市民が知っているということは、急病や不慮の事故による心肺停止から電気ショックまでの時間が短縮され、その結果、多くの尊い命が救われる可能性も高くなります。命に係わる大切な機械だけに、有用性や使用方法を知っておく必要がありますので、消防署などで実施しているAEDの使用方法や心肺蘇生法の講習、もしくは毎月1回行われる「定期救急講習」を受けていただくことがよいと思います。この講習の詳細については消防署に問い合わせください。
※なお、当該施設の休診日・休業日・休校日・閉館日・時間外においては使用できないことがあります。

AEDが設置されている公共施設一覧
AEDが設置されている医療・介護関係施設一覧
AEDが設置されている事業所一覧

 AEDが設置されている施設・事業所は、設置の情報をホームページで公開することに同意をいただいた「医療・介護関係」、「事業所」です。
現在、順次設置場所の調査をおこなっており、順次追加の掲載を行って行く予定です。

 このページに関するお問い合わせは、本庁くらし安全課もしくは赤磐市消防本部警防課までお願いします。

【問い合わせ先】
本庁くらし安全課      TEL:086-955-2650
赤磐市消防本部警防課  TEL:086-955-2254
このページのトップへ
マイナンバーの『通知カード』は11月に発送されます(2015.10.2)
 赤磐市では、11月から順次マイナンバー『通知カード』が住民票に記載された住所の世帯主様あてに簡易書留(転送不可)で送付されます。
 『通知カード』は紙製のカードで、氏名、住所、生年月日、性別の基本4情報とマイナンバーが記載されています。
 転入・転居などの住所変更及び婚姻等戸籍届出による氏変更などがあった場合、『通知カード』の記載内容の変更の際に提示が必要となります。
 また平成28年1月以降職場や行政手続きの際にマイナンバーの提示を求められることがありますので、大切に保管してください。

 詳しくはこちら

【問い合わせ先】
本庁市民課市民サービス班  TEL:086-955-1112
このページのトップへ
公立保育園の臨時保育士・臨時調理員の募集について(2015.8.25)
公立保育園(市内7園)で勤務する臨時保育士・臨時調理員を随時募集しています。
 勤務地、勤務時間については相談に応じます。まずは、お電話でお問い合わせください。

■応募資格
・保育士…保育士資格を有する人
・調理員…調理師免許を有する人(※補助者は資格なしでも可。)

【問い合わせ・申し込み先】
本庁子育て支援課  TEL:086-955-2635
このページのトップへ
赤磐市消防本部がFAX119番の受け付けを開始します(2015.7.31)
 9月1日より、耳の不自由な方や電話からの119番通報が困難な方からの救急要請に迅速・的確に対応するため、FAXによる119番通報の受け付けを開始します。
 詳しくは、こちらからチラシ[PDF/653KB]をご覧ください。

FAX通報用紙はこちらから[PDF/124KB]

【問い合わせ先】
本庁社会福祉課    TEL:086-955-1118
消防本部通信指令室 TEL:086-955-2244
このページのトップへ
オールあかいわ宣伝隊 発足!(2015.7.23)
 赤磐市の魅力をもっともっとPRするため、赤磐商工会、JA岡山東、赤磐市観光協会の皆さんと赤磐市が連携して「オールあかいわ宣伝隊」が発足しました。
 「訪ねていいまち!住んでいいまち!あかいわ」をキャッチフレーズに、岡山駅内でのイベントで活動スタート。その後は首都圏、関西圏などでも、特産品・観光・定住促進・企業誘致といった幅広い分野での知名度アップと地域産業の活性化を目指し、多彩なイベントを通じて赤磐市を紹介していきます。
 それぞれのイベントでは、先着プレゼントなど魅力的な企画もご用意していますので、ぜひ、みなさんもお知り合いへの宣伝など応援をお願いします。

 <スケジュール>
 「旬のあかいわ 白桃フェア」
  ①7月24日(金)・25日(土)・・・JR岡山駅東口 サンフェスタ岡山
  ②7月28日(火)・29日(水)・・・とっとり・おかやま新橋館(東京アンテナショップ)
  ③8月4日(火)・5日(水)・・・・・・JR大阪駅1階 中央コンコース大丸前(旧砂時計広場)
 「FOOD EXPO 2015」
  ④8月13日(木)~15日(土)・・・香港コンベンション&エキシビション・センター

 ※イベント内容など詳しくは、赤磐市観光協会のページでご案内しています。

【問い合わせ先】  
「オールあかいわ宣伝隊」実行委員会事務局(本庁商工観光課内)
 TEL:086-955-6175

このページのトップへ
平成27年度赤磐市在宅医療連携拠点事業推進協議会(第1回)を開催しました(2015.6.1)
 市では、市民の皆様が住み慣れた地域でその人らしい生活を送ることができるように、在宅医療連携拠点事業推進協議会を設置し、協議会で在宅医療の推進や多職種連携の課題を話し合い、解決策の検討を行っています。

 この度、平成27年度第1回在宅医療連携拠点事業推進協議会を開催しました。内容は下記によりご覧いただけます。

 平成27年度第1回赤磐市在宅医療連携拠点事業推進協議会の概要[PDF/148KB]

【問い合わせ先】
本庁介護保険課 地域包括支援センター  TEL:086-955-1470
このページのトップへ
赤磐市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画(第6期)を策定しました(2015.4.27)
市では、赤磐市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画(第6期)を策定しました。
 この計画は、平成27年度から平成29年度の介護サービスの見込み量や取り組むべき保健福祉事業について定めた計画でです。今後も、本計画に基づき、保健福祉サービスの充実と介護保険事業の円滑な運営を目指していきます。
 赤磐市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画(第6期)は、下記よりご覧いただけます。

赤磐市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画(第6期)

【問い合わせ先】
本庁介護保険課 TEL:086-955-1116
このページのトップへ
赤磐市子ども・子育て支援事業計画を策定しました(2015.4.27)
市では、赤磐市子ども・子育て支援事業計画を策定しました。この計画は子ども・子育て支援法に基づき、地域社会が一体となって子ども・子育てを推進するための計画です。
 本計画は、平成27年度を初年度として、平成31年度までの5年間を計画期間としています。
 赤磐市子ども・子育て支援事業計画は、下記よりご覧いただけます。

赤磐市子ども・子育て支援事業計画[PDF/2.38MB]

【問い合わせ先】
本庁子育て支援課 TEL:086-955-2635
このページのトップへ
「ふるさと赤磐応援寄附金(ふるさと納税)」のお申し込みが便利になりました(2015.4.1)
 ふるさと納税ポータルサイト『ふるさとチョイス』からお申し込みできるようになり、『Yahoo!公金支払い』を利用したクレジット決済も可能になりました。また、寄附金の使途もご指定できます。
申し込みはこちらから(外部リンク・別ウィンドウで開きます)

【問い合わせ先】
本庁秘書企画課 政策企画班  TEL:086-955-2692
このページのトップへ
市役所本庁1階ロビーに総合案内係を配置しました(2015.2.2)
 2月2日から、市役所本庁1階ロビーに総合案内係を配置しました。
 行きたい課の場所が分からない、どの課が担当なのか分からないなど、ご不明な点は案内係にお気軽にお尋ねください。ご用件に応じて担当の窓口をご案内します。
 市民の皆さんにとってより親しみやすい市役所を目指し、これからもサービス向上に努めていきます。 

【問い合わせ先】
本庁総務課  TEL:086-955-4782
本庁市民課  TEL:086-955-1112
このページのトップへ
平成27年4月検針分から下水道使用料が変わります(2015.1.29)
 下水道事業の経営基盤の強化と公費負担の適正化を図るため、平成27年4月検針分(平成27年5月請求分)から下水道使用料を改定します。
 厳しい経済情勢のなか、皆さんの生活や事業経営に多大なご負担をおかけしますが、より効率的な事業運営と健全経営に努めてまいりますので、ご理解くださいますようお知らせします。

下水道使用料改定について(平成27年4月検針分(5月請求分)から)[PDF/161KB]

【問い合わせ先】
本庁上下水道課 TEL:086-955-2942
このページのトップへ
平成26年広島県大雨災害義援金のご報告とお礼について(2015.1.26)
 平成26年8月19日からの広島県大雨災害により、被災された方への援助の一助として、平成26年9月1日から12月26日の期間で災害義援金の受付を行いましたところ、総額291,513円の義援金をお寄せいただきました。お預かりした義援金は、日本赤十字社を通じて全額が被災地へ届けられました。皆さまのあたたかいご支援・ご協力に心より感謝いたしますとともに、被災地の皆さまの一日も早い復興をお祈り申し上げます。

【問い合わせ先】
本庁くらし安全課 TEL:086-955-2650
このページのトップへ
特定個人情報保護評価書を公表します(2015.1.20)
行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(番号法)第27条の規定により、本市の特定個人情報保護評価書を下記のとおり公表します。

評価対象事務名
固定資産税事務 PDF[111KB]
住民税事務 PDF[110KB]
軽自動車税事務 PDF[110KB]
国民健康保険税事務 PDF[112KB]
住民基本台帳に関する事務 PDF[148KB]
国民健康保険事務 PDF[114KB]
国民年金事務 PDF[120KB]
身体障害者福祉法による身体障害者手帳に関する事務 PDF[112KB]
子ども・子育て支援制度事務 PDF[113KB]
児童手当現況届事務 PDF[111KB]
児童手当支給事務 PDF[113KB]
保育所入所事務 PDF[114KB]
保育料の決定事務 PDF[111KB]
健康増進事業事務 PDF[112KB]
母子保健事業事務 PDF[115KB]
予防接種事務 PDF[111KB]
介護保険給付事務 PDF[110KB]
介護保険資格事務 PDF[110KB]
介護保険要介護・要支援認定事務 PDF[110KB]
介護保険料事務 PDF[111KB]
※本市においては、上記20事務いずれも基礎項目評価となります。

【問い合わせ先】
本庁総務課 TEL:086-955-2694
このページのトップへ
平成26年12月1日から「児童扶養手当法」の一部が改正されました(2014.12.24)
 これまで、公的年金※を受給する人は児童扶養手当を受給できませんでしたが、平成26年12月以降は、年金額が児童扶養手当額より低い人は、その差額分の児童扶養手当を受給できるようになりました。
※遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など

 児童扶養手当を受給するためには、市役所への申請が必要です。
 市役所では、新たに手当の支給対象になる人を把握できないため、手続きの案内を個別にすることができません。対象になるかどうか分からない場合は、お早めにお問い合わせください。

■今回の改正により新たに手当を受け取れる場合
・児童を養育している祖父母等が、低額の老齢年金を受給している場合
・父子家庭で、児童が低額の遺族厚生年金のみを受給している場合
・母子家庭で、離婚後に父が死亡し、児童が低額の遺族年金のみを受給している場合
 など

<参考:児童扶養手当の月額>(平成26年4月~)
  ・児童1人の場合
    全部支給:41,020円
    一部支給:41,010円~9,680円(所得に応じて決定されます)
  ・児童2人以上の加算額
    2人目:5,000円、3人目以降1人につき:3,000円

■新たに手当を受給するための手続き
 児童扶養手当を受給するためには、市役所への申請が必要です。
 支給要件によって必要な書類が異なりますので、事前にお問い合わせください。

■支給開始日
・手当は申請の翌月分から支給開始となります。ただし、これまで公的年金を受給していたことにより児童扶養手当を受給できなかった人のうち、平成26年12月1日に支給要件を満たしている人が、平成27年3月までに申請した場合は、平成26年12月分の手当から受給できます。
・平成26年12月~平成27年3月分の手当は、平成27年4月に支払われます。

★児童扶養手当の制度についてはこちら

【問い合わせ先】
本庁子育て支援課  TEL:086-955-2635
赤坂支所健康福祉課  TEL:086-957-4822
熊山支所健康福祉課  TEL:086-995-1293
吉井支所健康福祉課  TEL:086-954-1374
このページのトップへ
薬剤師の求人募集[赤磐市国民健康保険熊山診療所](2014.12.8)
 経験のある薬剤師を緊急募集します。

■雇用形態/臨時的任用職員
■採用場所/赤磐市国民健康保険 熊山診療所 (松木621-4)
■受付期間/随時
■採用試験/お問い合わせください。
■賃金/赤磐市臨時的任用職員取扱要綱に定めるところにより支給します。

【問い合わせ先】
本庁健康増進課  TEL:086-955-1117
このページのトップへ
エコプラザあかいわに「リユースコーナー」がオープン(2014.12.1)
 エコプラザあかいわに「リユースコーナー」がオープンしました。
 「リユースコーナー」は、市民の皆さんから無償で提供された“リユース品”を、展示や抽選などを経て、必要とする人にお渡しする窓口です。
詳しくは、こちらから広報あかいわ12月号22ページ[PDF/735KB]をご覧ください。

【問い合わせ先】
エコプラザあかいわ(赤磐市環境センター) TEL:086-955-1560
このページのトップへ
人権尊重都市宣言を制定しました(2014.10.17)
 このたび、赤磐市では市民のさらなる人権意識の高揚を図り、全市をあげて人権を守りぬくため、「人権尊重都市宣言」を制定しました。
 あらためて、基本的人権の尊重を市民全体の目標とし、基本的人権の大切さを認識しましょう。一人ひとりが人権を尊重し、将来にわたって心豊かな潤いあふれる住みよい赤磐市をつくっていきましょう。
 なお、宣言の全文は、広報あかいわ12月号と同時に配布する平成27年人権啓発カレンダーにも掲載します。

赤磐市人権尊重宣言の全文はこちらから
このページのトップへ
ご注意ください。鳥獣駆逐用煙火で事故多発!(2014.9.19)
 鳥獣などの動物を追い払うために用いられる動物駆逐用煙火(連続発射式)の使用中に、持ち手付近が破裂し、指を欠損するなどの火薬類の事故がこれまでに4件発生しています。
 事故のあった煙火の販売業者が自主回収を行っています。これらの製品をお持ちの人は絶対に使用せず、販売元に連絡してください。

■製品名と販売元
・「駆除雷5発」(平成24年5月中国製) (株)ライズ TEL:086-295-1179
・「閃光珠5R」(中国製) (株)芳賀銃砲火薬店 TEL:022-262-1151

 また、これら以外の煙火を使用する場合は、次のことを遵守してください。
◆原則、手に持って使用しないでください。
◆やむを得ず手に持って使用する場合は、販売業者が提供する専用の手持ちホルダーを使用し、慎重に取り扱ってください。
◆専用ホルダーは、万一、製品が手元で破裂した場合の被害を軽減することはできますが、被害を完全に防止することはできないため、ゴーグル、耳栓、皮手袋など防護具を着用して行ってください。

【問い合わせ先】
消防本部予防課危険物係 TEL:086-955-2246
このページのトップへ
桜が丘いきいき交流センターに電気自動車急速充電器を設置しました(2014.9.19)
 市では、平成24年度に「あかいわスマートコミュニティビジョン」を策定し、太陽光などの再生可能エネルギーや電気自動車の普及拡大等を核に、エネルギーを効率的に活用する社会を目指しています。
 このたび、電気自動車の利便性を高め普及につなげていくために、「電気自動車急速充電器」を設置しました。また、この充電器は本体に蓄電池を内蔵しており、大規模災害時における災害時避難場所の電力供給装置としても活用できます。市内には、ライフプラザ吉井にも充電器を設置しており、合計2基が利用できることとなりました。
 有効にご利用いただくことで、環境にやさしく、災害に強いまちづくりを推進していきます。


■設置場所/桜が丘いきいき交流センター
■利用可能時間/午前9時~午後5時
           (水曜日・年末年始を除く)
■充電時間/約30分
■利用料金/無料(当面)


≪関連リンク≫ 岡山EVサポートメンバー
岡山県内急速充電器マップはこちらから
「EVサポートメンバー岡山」充電設備位置図はこちらから

【問い合わせ先】
桜が丘いきいき交流センター TEL:086-995-9321
本庁都市計画課  TEL:086-955-1485
このページのトップへ
土砂災害に関連する情報について(2014.9.8)

 土砂災害はいつどこで発生するかわからず、一度発生すると大きな災害につながります。
 岡山県が下記サイトで土砂災害に関する情報を公開しています。お住まいの地域の土砂災害のおそれのある場所をご確認いただき、どのような避難行動をとるか事前にご家族やご近所の方と話し合ってみましょう。

 土砂災害危険箇所・土砂災害警戒区域の場所について
  おかやま全県統合型GIS
  サンプル画像はこちら

 土砂災害発生の危険度について
  岡山県土砂災害危険度情報
  サンプル画像はこちら

また、気象情報や土砂災害の知識などは下記サイトでご確認ください。

  気象庁
  国土交通省 ⅩバンドMPレーダ雨量観測「XRAIN」
  政府広報オンライン「土砂災害から身を守る3つのポイント」

【問い合わせ先】
本庁くらし安全課 TEL:086-955-2650
このページのトップへ
講師の登録者募集(2014.8.22)
 市では、小学校や中学校で講師として勤務していただける人を募集しています。
 キラキラ輝く瞳の子どもたちのために一緒に働きませんか。まずは登録をお願いします。

■応募資格/小学校または中学校教諭の免許状を所有する人(取得見込みも可)
■応募期間/随時受付
■勤務場所/赤磐市など
■勤務形態/常勤、または非常勤

【問い合わせ・申し込み先】
教育委員会学校教育課 TEL:086-955-0972
このページのトップへ
ノーメディアタイムの提案(2014.7.28)

 社会教育課では、子どもとメディアの良い関係作りのために「ノーメディアタイム」を提案しました。
 「ノーメディアタイム」とは、家族で話し合って無理のない範囲でメディア(テレビ・ゲーム・PC・スマホ等)の使用時間を減らし、生まれた時間を家族の団らんや読書・家庭学習にあてるなど、メディアと接する姿勢とコントロールする力を身に付けることで、子どもたちの基本的な生活習慣の向上を目的とした取り組みです。

詳しくはこちらからチラシ[PDF/1,081KB]をご覧ください。

【問い合わせ先】
教育委員会社会教育課 TEL:086-955-0783
このページのトップへ
多くの人が集まる催しで対象火気器具を使用するときは消火器の準備や届け出が必要です(2014.7.18)
 昨年8月に京都府福知山市で発生した花火大会での火災を踏まえ、多数の人が集まる催しで火災が発生した場合には初期消火が極めて重要であることから、赤磐市火災予防条例の一部を改正しました。
 この改正で、8月1日以降に、祭礼・縁日・花火大会・展示会などの多数の人が集まる催し※1で、コンロ・ストーブ・発電機などの対象火気器具※2を使用するときには、消火器の準備が義務付けられました。消火器は、火気器具の種別や周囲の可燃物の消火に適するものを準備してください(粉末ABC10型を推奨します)。
 なお、対象火気器具を使用する露店や模擬店は、それぞれの店舗やテントごとに、開設者またはその従事者が消火器を準備してください。
 また、4日前までに赤磐市消防署への届け出も必要です。届け出方法など詳しくは、お問い合わせください。

※1…多数の人が集まる催しとは、一時的に一定の場所に人が集合することにより混雑が生じ、火災が発生した場合の危険性が高まる催し。一定の社会的広がりを有するものを指すので、近親者や個人的なつながりのある人が参加して行うバーベキューなどの催しは対象外。

※2…対象火気器具とは、液体燃料・気体燃料・固体燃料や電気を熱源とする移動式の器具で、コンロ・グリル・ストーブ・携帯発電機など。

【問い合わせ先】
赤磐市消防署 TEL:086-955-2287
東出張所    TEL:086-995-0987
北出張所    TEL:086-954-0760
このページのトップへ
市分譲宅地の価格を引き下げました(2014.6.10)
ゆとりと潤いのある良質な宅地の供給により、赤磐市の定住人口の増加を図るため、分譲宅地を造成し販売を行っています。
 平成26年6月1日から新価格で分譲し、住宅取得を応援します。

赤磐市分譲宅地のご案内[PDF/542KB]

■価格改定日/平成26年6月1日

【問い合わせ先】
本庁都市計画課 TEL:086-955-1485
赤坂支所産業建設課 TEL:086-957-4824
吉井支所産業建設課 TEL:086-954-1366
このページのトップへ
山陽ふれあい公園等の管理・運営が指定管理者に変わります(2014.3.26)
 4月から赤磐市山陽ふれあい公園等の管理・運営が指定管理者に変わります。
 平成26年4月1日から指定管理者として赤磐ふれあい共同事業体が赤磐市山陽ふれあい公園等の施設の管理・運営を行います。
 今後、下記施設の受付・申請業務は、赤磐市山陽ふれあい公園で行います。

■管理・運営施設 ・赤磐市山陽ふれあい公園
・正崎ポンプ場
・赤磐市桜が丘野球場
・赤磐市桜が丘運動場
・赤磐市桜が丘テニス場
・赤磐市西山グラウンド
【問い合わせ先】
山陽ふれあい公園 TEL:086-955-4432
このページのトップへ
広告入り共通封筒の使用を開始します(2014.3.14)
 赤磐市では平成26年度から、業務(市民の方、国・県・他自治体などへの文書送付等)で使用する共通封筒に、企業広告を掲載した広告入り共通封筒の使用を開始します。
 これは、事業実施者から広告入り共通封筒の無償提供を受けることで、厳しい市財政状況での印刷コスト削減を図るほか、地域の事業者を広告主とした広告事業の推進を目的として行うものです。
 使用する広告入り共通封筒は、角形2号封筒及び長形3号封筒で、色は市の花をイメージしたライトピンクとし、裏面に広告枠を設けています。
 広告事業は歳出削減とともに、市有財産の有効活用による財源確保の方策として実施するもので、順次、広告媒体を増やし、広告収入による増収を図っていく予定です。
 今後とも引き続き市の広告掲載にご理解とご協力をお願いします。

※イメージ

■広告入り共通封筒無償提供者
・会社名/株式会社 郵宣協会
・住所/福岡県北九州市小倉北区堺町2丁目1-1
・連絡先/0120-993-622

■掲載広告について
・広告の募集・掲載については、市が行っているものではありません。
・広告掲載に関する一切の責任は、株式会社 郵宣協会が負うものとします。
・広告の内容・デザイン等については基準を設けており、市が事前に審査をしています。
・封筒への広告掲載希望や広告内容に関するお問い合わせについては、上記無償提供者までお願いします。

【問い合わせ先】
本庁管財課 TEL:086-955-1539
このページのトップへ
赤磐市公の施設の指定管理者の指定について(2013.12.26)
指定管理者の手続等に関する条例(平成17年赤磐市条例第65号)第6条第1項の規定により、次のとおり指定管理者を指定しましたのでお知らせします。

施設名 指定管理者

赤磐市総合交流促進施設

・名称/株式会社夢ガルテン
・所在地/備前市西片上1068-4


【問い合わせ先】
本庁商工観光課 TEL:086-955-6175
このページのトップへ
赤磐市公の施設の指定管理者の指定について(2013.10.1)

 下記の施設について指定管理者の手続等に関する条例(平成17年赤磐市条例第65号)第6条第1項の規定により、下記のとおり指定管理者を指定しましたのでお知らせします。

施設名 指定管理者
【赤磐市山陽ふれあい公園等】
・赤磐市山陽ふれあい公園
・正崎ポンプ場
・赤磐市桜が丘野球場
・赤磐市桜が丘運動場
・赤磐市桜が丘テニス場
・赤磐市西山グラウンド
【赤磐ふれあい共同事業体】
(代表団体)
・名称/株式会社コナミスポーツ&ライフ
・所在地/東京都品川区東品川4丁目10番1号

(構成団体)
・名称/株式会社研美社
・所在地/岡山県岡山市北区新屋敷町2丁目2番20号

・名称/三要電熱工業株式会社
・所在地/岡山県岡山市中区平井6丁目11番24号

【問い合わせ先】
市教育委員会スポーツ振興課 TEL:086-955-4432
このページのトップへ
介護保険福祉用具購入費・住宅改修費の受領委任払が選択可能になります
(2013.9.2)
 介護保険での福祉用具購入や住宅改修においては、被保険者が購入費用や改修費用を一旦全額事業者に支払い、後から市より9割部分が支給される「償還払」が原則ですが、10月1日から被保険者が1割負担部分のみを事業者へ支払い、残りの9割部分を市から直接事業者へ支払う「受領委任払」を選択することが可能となります。

■対象者
※次の全てに該当する人が対象となります。
・福祉用具購入時、住宅改修時において、本市の介護保険被保険者で要介護又は要支援の認定を受けている人
・介護保険料を滞納していない人
・市民税非課税世帯に属している人で、受領委任払によらなければ福祉用具購入費、住宅改修費の自己負担が困難な人
・受領委任払について事業者の同意が得られている人

■開始時期
・福祉用具購入費 平成25年10月1日以降の購入分から開始
・住宅改修費 平成25年10月1日以降の事前申請分から開始

※詳しくは、本庁介護保険課または各支所健康福祉課にお問い合わせください。


【問い合わせ先】
本庁介護保険課 TEL:086-955-1116
赤坂支所健康福祉課 TEL:086-957-4822
熊山支所健康福祉課 TEL:086-995-1293
吉井支所健康福祉課 TEL:086-954-1374
このページのトップへ
赤磐市地域防災計画を修正しました(2013.6.25)
 今回の修正の要旨は次のとおりです。

■正崎水位観測所の基準水位について
 正崎水位観測所に基準水位が設定されたことに伴い、「第2編 風水害等対策編」の「第2章 第1節 応急活動体制計画」に定める配備基準に正崎水位観測所の水位を追加しました。

■日本郵政グループの再編について
 郵便事業株式会社と郵便局株式会社が合併により日本郵便株式会社となったことに伴い、「第1編 総則」の「第2節 各機関の実施責任と処理すべき事務又は業務の大綱」に定める郵便事業株式会社と郵便局株式会社の内容を統合し、日本郵便株式会社が担う事としました。

■新旧対照表
 ※正崎水位観測所の基準水位について[PDF]
 ※日本郵政グループの再編について[PDF]

赤磐市地域防災計画の全文はこちらから

【問い合わせ先】
本庁くらし安全課  TEL:086-955-2650
このページのトップへ
子宮頸がん予防ワクチンの積極的な接種推奨の差し控えについて(2013.6.24)
 子宮頸がん予防ワクチンは、平成25年4月1日より予防接種法による定期接種となりましたが、子宮頸がん予防ワクチン接種後に持続的な疼痛が発生していることを受け、適切な情報提供ができるまでの間、積極的にお勧めすることを控えるよう、厚生労働省より勧告がありました。これを受け、本市でも今後当分の間、積極的な接種勧奨を差し控えることとしました。ただし、定期接種そのものを中止するものではないので、対象者のうち希望者は定期接種を受けることができます。接種を希望される方は、「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ」をよく読み、ワクチンの有効性と接種による副反応が起こるリスクを十分理解した上で受けるようにしてください。

子宮頚がん予防ワクチンの説明リーフレット
厚生労働省ホームページ

【問い合わせ先】
本庁健康増進課 TEL:086-955-1117
このページのトップへ
NHKのデータ放送に正崎と周匝の水位観測所が追加されました(2013.6.11)
 NHKのデータ放送の防災情報に、砂川の【正崎】と吉井川の【周匝】の水位観測所が追加され、河川水位情報などをテレビでも確認することができるようになりましたのでご活用ください。

■利用方法
①デジタルテレビのチャンネルをNHK総合(1ch)に合わせて、リモコンの“d”、“データ”、“連動データ”、“データ連動”などと表記されたボタンを押す。

②“岡山県の防災情報”を選択する

③“河川水位・雨量”を選択する

④▼でページを選び、
 7ページで[砂川]の【正崎】、
 8ページで[吉井川]の【周匝】を選択すると、水位などを観測することができます。

【問い合わせ先】
本庁くらし安全課 TEL:086-955-2650
このページのトップへ
平成25年4月1日より岡山県の事務・権限の一部が市に移譲されます(2013.3.29)
 平成25年4月1日から、岡山県の事務・権限の一部が市に移譲され、事務の「担当窓口」が変わります。
※詳細は次の権限移譲窓口案内表をご確認いただき、ご不明な点は、担当窓口までお問い合わせください。

権限移譲窓口案内表

【問い合わせ先】
本庁秘書企画課  TEL:086-955-2692
このページのトップへ
赤磐市グラウンド・ゴルフ場の管理・運営が指定管理者に変わります(2013.3.28)
平成25年4月1日から公益社団法人赤磐市シルバー人材センターが指定管理者として赤磐市グラウンド・ゴルフ場の管理・運営を行います。
 今後、受付・申請の業務は、すべて赤磐市グラウンド・ゴルフ場クラブハウスで行います。

【問い合わせ先】
赤磐市グラウンド・ゴルフ場 TEL:086-955-6657
このページのトップへ
あかいわスマートコミュニティビジョンを策定しました(2012.10.17)
 市では、まちづくりのさまざまな分野で、再生可能エネルギーの普及と効率的な利用を図り、地球温暖化防止だけでなく、地域の活性化や住環境の改善につなげていくために「あかいわスマートコミュニティビジョン」を策定しました。

  あかいわスマートコミュニティビジョン

【問い合わせ先】
 本庁都市計画課  TEL:086-955-1485
このページのトップへ
地域農業の将来を考えよう-「人・農地プラン」を作成しましょう-(2012.10.1)
【地域の問題を解決するために】
 担い手の高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加などで、5年後、10年後の展望が描けない集落・地域が増えています。
 このため、本年度国の事業として、それぞれの集落・地域で「どのような担い手が中心となって地域農業を引っ張っていくのか」、「今担い手がいなければ、どう育てていくのか」、「地域の中心となる担い手に、農地をどう集めていくのか」といったことをみんなで話し合いを行い、集落・地域が抱える人と農地の問題を解決するための「未来の設計図」となる「人・農地プラン」を作成する事業が始まりました。

【「人・農地プラン」で決めること】
 集落・地域での話し合いにより、次のことなどを決めていきます。
 1、地域の中心となる担い手(個人、法人、集落営農)は誰か
 2、中心となる担い手にどの農地を集めるのか
 3、中心となる担い手とそれ以外の農業者(兼業農家、自給的農家)を含めた
   地域農業のあり方をどうするのかなど

【「人・農地プラン」で作成の利点】
「人・農地プラン」に位置づけられると、次の支援を受けることができます。
■青年就農給付金(経営開始型)
 就農から経営が安定するまで、年間150万円を給付します。(最長5年間)
 原則45歳未満の独立・自営就農者(平成20年4月以降の就農者も含む)が対象です。交付を受けるには所得制限などの要件があります。

■農地集積協力金
 中心となる担い手に農地の貸し付けなど、農地集積に協力する人に協力金を交付します。
 〈経営転換協力金〉
  ・対  象     米・麦・大豆などを生産する土地利用型農業から経営転換したり、離農する農業者などで農業者戸別所得補償制度に加入している人
  ・要  件     所有農地を農協へ、10年以上新たに貸付相手先を指定しない委任をすること。市街化区域内の農地は除きます。
  ・交付単価    [0.5ヘクタール以下]1戸あたり30万円、
[0.5ヘクタール超 2ヘクタール以下]1戸あたり50万円、
[2ヘクタール超]1戸あたり70万円

 〈分散さ くほ解消協力金〉
  ・対  象     地域の中心的な経営体の経営耕地に隣接する農地の所有者などで、農業者戸別所得補償制度に加入している人
  ・要  件     所有農地を農協へ、10年以上新たに貸付相手先を指定しない委任をすること。市街化区域内の農地は除きます。
  ・交付単価    10アールあたり5000円

■スーパーL資金金利負担軽減
 中心となる担い手としてプランに位置付けられた認定農業者が借り入れるスーパーL資金について、当初5年間金利負担を軽減します。

※「人・農地プラン」は、随時見直すことができます。プランは必要な部分から取り組み始めて、順次拡大、追加していくこともできます。

 各種支援事業には、諸要件があります。詳しくは農林水産省ホームページでご確認ください。

【問い合わせ・申し込み先】
 本庁農林課 TEL:086-955-6174
 赤坂支所産業建設課 TEL:086-957-4824
 熊山支所産業建設課 TEL:086-995-1217
 吉井支所産業建設課 TEL:086-954-1319
このページのトップへ
第2次赤磐市人権教育・啓発推進計画を策定しました(2012.7.17)
 市では、平成17年3月に策定した赤磐市人権教育・啓発推進計画を国・県の動向を踏まえ、今まで取り組んできた様々な人権問題への教育・啓発における経験と成果を生かし、今後も一層人権尊重の地域社会の実現を目指し、市民一人ひとりが人権を尊重し、差別を許さない人権感覚を体得し、日常生活の中に生かせるような幅広い人権教育・啓発の取組みを積極的に行えるよう第2次赤磐市人権教育・啓発推進計画を策定しました。
 計画内容は、下記よりご覧いただけます。

第2次赤磐市人権教育・啓発推進計画

【問い合わせ先】
市教育委員会社会教育課
TEL:086-955-0783
このページのトップへ
緊急速報(エリア)メールの配信について(2012.7.2)
 赤磐市では、避難勧告等の緊急情報をいち早く、より多くの皆さんにお伝えできるよう、市内のNTTドコモ、au、ソフトバンクの携帯電話(スマートフォン含む)に一斉配信する緊急速報(エリア)メールの配信を開始しました。

 株式会社NTTドコモ【緊急速報エリアメール】  (平成24年5月1日 配信開始)
 KDDI株式会社【緊急速報メール】         (平成24年6月1日 配信開始)
 ソフトバンク株式会社【緊急速報メール】      (平成24年6月7日 配信開始)

【特徴】
 配信時、赤磐市内にいるNTTドコモ、au、ソフトバンクの緊急速報(エリア)メール対応携帯電話(スマートフォン含む)をお持ちの人に情報を配信します。
  (1)事前申し込み不要(機種によっては受信設定が必要※)
  (2)月額使用料・通信料は無料
  (3)赤磐市内の緊急速報(エリア)メール対応携帯電話へ配信

【配信情報】
 避難準備情報、避難勧告、避難指示、津波関係警報、国民保護情報、警戒区域情報 等

【留意事項】
・一部対応していない携帯電話の機種があります。
・通話中、インターネット中やメール送受信時などは緊急速報(エリア)メールを受信できない場合があります。
・気象情報等の防災情報はエリアメールでは配信されません。
・携帯電話の機種によっては、受信設定が必要となる場合があります。

(リンク)
■株式会社NTTドコモ
 ・緊急速報エリアメール
 ・対応機種
 ※2008年以前の発売機種については、受信設定が必要となります。
  詳しくはこちらをご確認ください。

■au(KDDI株式会社)
 ・緊急速報メール
 ・対応機種

■ソフトバンク(ソフトバンクモバイル株式会社)
 ・緊急速報メール 「災害対応・復旧支援情報」⇒「緊急速報メール」へ

【防災情報メール配信サービス(岡山県)】(登録必要、通信料必要)
岡山県から登録した各種携帯電話に防災情報(警報・注意報、地震・津波情報など)を配信するサービスがあります。詳細は、岡山県ホームページをご確認ください。
このページのトップへ
赤磐市立幼稚園・小学校・中学校教育環境整備審議会から教育長への提言(最終提言)について(2011.3.30)
 3月29日、曽我会長から土井原教育長に提言がありましたので、内容を公表いたします。

 今回の提言は、平成20年7月4日に赤磐市教育委員会教育長から、市立幼稚園・小学校・中学校について、市内の子どもたちがより良い教育環境の中で効果的な教育が受けられるような適正規模ならびに適正配置等基本的な考え方について検討を行うよう諮問を行った全ての諮問事項について、これまでの審議結果をまとめられたものです。

※赤磐市立幼稚園・小学校・中学校の教育環境整備について

■問い合わせ先
 教育委員会 教育総務課   TEL: 086-955-6807
このページのトップへ
赤磐市消費生活相談窓口からのお知らせ-震災に便乗した悪質商法-(2011.3.23)
■震災に便乗した悪質商法や災害義援金名目の振り込め詐欺にご注意を!
 岡山県内で、東日本大震災の義援金名目で、市役所の職員をかたりお金の振込みを依頼する不審電話がありました。被害にあわないよう気をつけてください。

  岡山県ホームページ
  国民生活センターホームページ

 不審に思ったり、不安を感じたら、最寄りの交番や警察署、または赤磐市消費生活相談窓口にご相談ください。

■問い合わせ先
 赤磐市消費生活相談窓口(本庁くらし安全課)
  TEL 086-955-4783
  相談日:月・木曜日 10:00~16:00
  ※相談日以外は、協働推進室で相談に応じています
このページのトップへ
農山漁村活性化プロジェクト支援交付金活性化計画の公表について(2011.3.16)
 農山漁村の活性化のための定住等及び地域間交流の促進に関する法律に基づき、農山漁村の活性化を図るための計画を作成しましたので、同法に基づき公表します。

対象地域 公表資料
赤磐地域 赤磐地域活性化計画(PDFファイル)
高陽地域 高陽地域活性化計画(PDFファイル)

■問い合わせ先
 本庁農林課 086-955-6174
このページのトップへ
赤磐市立幼稚園・小学校・中学校教育環境整備審議会から教育長への提言(第2次提言)について(2010.11.9)
 11月8日、曽我会長から土井原教育長に提言がありましたので、内容を公表いたします。

今回の第2次提言は、諮問事項の第2点目「学校の適正配置について」、第3点目「学校の通学区域の設定及び改廃について」、及び第4点目「通学距離及び通学方法について」以上3点のこれまでの審議結果をまとめた中間提言が行われました。

※赤磐市立幼稚園・小学校・中学校の適正配置に関する基本的な考え方(第2次提言)

問い合わせ先
教育委員会 教育総務課
Tel 086-955-6807
このページのトップへ
消費生活相談窓口からのお知らせ(2010.8.20)
■給湯器に見覚えのないステッカーが貼られていませんか?
 「ボイラー・ソーラー修理110番」「消防長認定」などの文面と業者名、電話番号が書かれたステッカーが、無断で ガス給湯器に貼り付けられていませんか?
  
 関連記事 山陽新聞(8月13日付け)
 国民生活センター「見守り新鮮情報」

 給湯器が故障したときは、購入先の業者またはメーカーホームページにある修理連絡先などに問い合わせるようにしましょう。
 不安を感じたり、トラブルになりそうな場合は、最寄りの交番や警察署、または赤磐市消費生活相談窓口にご相談ください。


■ 「儲け話に注意!」(消費者庁)
 改正貸金業法施行に伴い、総量規制などが実施され、新規の借入れが困難となる債務者が発生する可能性があります。このような状況につけこんで、簡単にお金が入ることなどを標榜した消費者トラブルが発生するおそれがあります。消費者庁では「儲け話に注意!」と題して情報提供を行っています。ご注意ください。

 「儲け話に注意!」


◆問い合わせ先
 赤磐市消費生活相談窓口 (本庁くらし安全課)
 Tel:086-955-4783
 相談日:月・木曜日  10:00~16:00
※相談日以外は、協働推進室で相談に応じています。
このページのトップへ
消費者被害について(2010.6.9)
■消費者被害に気をつけて!
オレオレ詐欺 不審な電話は一度電話を切り、家族や警察などに相談してください。警察・金融機関関係者が、暗証番号をお尋ねすることはありません。
 警察官をかたったオレオレ詐欺が多発しています。手口は、犯人が各家庭に電話し、警察官をかたり「あなたの口座が犯罪に使用されている」などと言い、言葉巧みに暗証番号を聞き出した上で、自宅を直接訪問し通帳やキャッシュカードを騙し取る手口です。
 さらに、盗んだキャッシュカードを近くのATMに持ち込み、すぐに現金を引き出すなどします。
利殖商法 ”必ず儲かる話”はありません
 「値上がり確実」など、利殖になることを強調して投資や出資を勧誘する商法。
 最近、未公開株や社債の勧誘を巡る消費者トラブルが増加しています。家族に相談するなど慎重に検討しましょう。
点検商法 契約を急がせる業者には要注意
 「点検に来た」と言って来訪し、事実と異なることを言って商品やサービスを販売する方法。(屋根や床下のリフォーム工事、シロアリ駆除剤など)

心得7か条
1、要らないときは、きっぱりと断る
2、うまい話は疑ってかかる
3、相手の親切な態度に惑わされない
4、簡単に家の中に入れない
5、プライバシーを明かさない
6、その場ですぐに契約しない
7、日ごろから悪質商法などの情報に関心を持つ

◆おかしいな、困ったなと思ったら、ひとりで悩まずご相談ください。
*赤磐市消費生活相談窓口(本庁くらし安全課)
  TEL:086-955-4783
  相談日:毎週月・木曜日 10:00~16:00 (本庁舎2階 消費生活相談室)
  相談日以外でも平日の8:30~17:30まで、相談に応じています。

*岡山県消費生活センター  TEL:086-226-0999
  相談日:火~日曜日 9:00~12:00、13:00~17:00

*消費者ホットライン  TEL:0570-064-370
  赤磐市の相談窓口もしくは県の消費生活センターへつながります。

関係リンク先
 岡山県消費生活センター
このページのトップへ
赤磐市立幼稚園・小学校・中学校教育環境整備審議会から教育長への提言(中間提言)について(2010.3.17)
 3月17日、赤磐市立幼稚園・小学校・中学校教育環境整備審議会の曽我会長から土井原教育長に提言がありましたので、内容を公表いたします。

※赤磐市立幼稚園・小学校・中学校の適正配置に関する基本的な考え方(中間提言)

問い合わせ先
教育委員会 教育総務課
Tel 086-955-6807
このページのトップへ
copyright(c)2005Akaiwa-City.All right reserved.