両宮山古墳(国指定史跡)

両宮山古墳

 

水を湛えた美しい内濠を持つ前方後円墳。造山古墳、作山古墳に続いて造られた岡山三大古墳のひとつであり、その大きさも2古墳に続き、県内3位。

平成14~16年度の調査によって、二重の周濠が廻っていることがわかり、外濠を含めた総長は349mに及び、5世紀後半の吉備の王の古墳にふさわしい規模と格式を備えた古墳といえます。

ロゴ

 

 

また、平成30年5月24日に認定された日本遺産“「桃太郎伝説」の生まれたまち おかやま~古代吉備の遺産が誘う鬼退治の物語~”のストーリーの構成文化財のひとつとなっています。

 

詳細はこちら↓

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興部 商工観光課 商工観光振興班
〒709-0898 岡山県赤磐市下市344
電話:086-955-6175
ファックス:086-955-6860
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁

メールフォームからのお問い合わせ

更新日:2020年03月24日