災害への対応策

 台風や豪雨は予測しやすいから怖くないと錯覚しやすいものです。事前に予測できるとはいえ、大雨や強風の威力は計り知れません。決して油断することなく日ごろから十分な対策を立て、増水した川や池などには近づかないようにしましょう。   

台風対策  

  1. テレビ、ラジオなどで台風情報を聞く。
  2. 停電に備えて懐中電灯、トランジスタラジオを準備。
  3. 避難に備えて貴重品などの非常持出品を準備。
  4. むやみに外出しない。
  5. 飲料水を確保しておく。
  6. 浸水の恐れがあるところでは、家具や食料品などの生活用品を高い場所へ移動させる。
  7. お年寄りや身体の不自由な人、病人、乳幼児などを安全な場所ヘ。
  8. 家屋のチェック(屋根、窓、雨どい、外壁、アンテナ)など。
  9. 防災行政無線の広報をよく聞く。
  10. 外出からは早く帰宅し、非常時に備える。
この記事に関するお問い合わせ先

総務部 くらし安全課
〒709-0898 岡山県赤磐市下市344
電話:086-955-2650
ファックス:086-955-1353
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁

メールフォームからのお問い合わせ