お知らせ一覧

足湯・芝生広場のお休みのお知らせ(2018年11月23日)

足湯・芝生広場へ入る門周辺工事のため、いつもご利用いただいている足湯・芝生広場がご利用できません。

予定期間/平成30年11月24日(土曜日)~平成31年2月28日(木曜日)まで

※工事の進み具合により、変更する場合があります。よろしくお願いします。

利用者20,000人突破しました!(2017年9月11日)

2万人目となった桜が丘東在住の戸上煌喜君親子が友實市長から花束と記念品が贈られている写真

エコプラザあかいわ内にあるリサイクルプラザは、平成27年2月に開館して2年7カ月を経過した平成29年9月11日に利用者2万人を突破しました。ご利用ありがとうございます。
2万人目となったのは、桜が丘東在住の戸上煌喜君親子で友實市長から花束と記念品が贈られました。戸上さんはご家族で利用されており、前回の入札会ではお子さんのおもちゃを落札され喜ばれていました。

リサイクルプラザでは、市民の方より提供された衣類や書籍・食器などを補修し、無料又は有料で提供しています。オープン以来5万点を超える品を有効にお持ち帰りいただきました。
今後もリサイクルプラザを有効にご利用いただき、ごみ減量にご協力ください。

リサイクルプラザ開館時間

  • 毎週月曜日・木曜日・金曜日、第2・4土曜日 午前10時~正午、午後1時~4時 

土曜日はリサイクルプラザへのルートが変わります。

土曜日はごみの持ち込みができませんのでご注意ください。

埋立ごみの出し方間違っていませんか?(2016年10月11日)

埋立ごみの収集で違反が多くなっています。今いちど分別について確認してみてください。

埋立ごみについての違反状況(平成28年4月~6月末現在)
その他物混入 指定袋外 コンテナ違い 可燃袋使用 合計
83件 15件 2件 1件 101件

埋立ごみの違反について、その他物混入が83件となっています。

これは、埋立ごみの指定袋の中に、錆びた缶(金属類)、家電、電池など埋立ごみではない物が入っている状態です。それぞれ分別がありますので、各種目ごとに分別してください。

埋立ごみについての説明図。陶磁器類、ガラス類、化粧瓶、ガラスコップ、割れたびん、リサイクルできないびんなどの割れ物になります。
エコプラちゃんイラスト

(c)ヒライユキオ

また、ブロック、レンガ、かわら、温室ガラス等は埋立ごみではありません。
市では収集できませんので、処理業者に依頼してください。

場内徐行について(2016年2月1日)

エコプラザあかいわへの持ち込みの時、スピードが出ている車が見受けられます。場内は徐行になっています。

ドライバーの皆さん、私たち一人一人が交通マナーを守り、お互いに譲り合いの心をもって安全運転を心がけましょう。

場内では、一旦停止、徐行(10キロメートル毎時)を守りましょう。

リサイクルプラザの入場者数が5,000人を突破しました(2016年2月1日)

リサイクルプラザが平成27年2月2日にオープンして以来、1月11日(月曜日)に入場者数が5000人を突破しました。これからも入場者数10,000人突破を目指して、品揃えも充実させていきたいと思います。

多くの皆さんのご利用をお待ちしています。

リサイクルプラザのご利用は赤磐市在住または在勤の方に限ります。

5000人目の入場者となり記念品を受け取る入場者の方の写真

廃電池の収集について(2015年9月6日)

エコプラザあかいわ(赤磐市環境センター)では、8月から、従来のアルカリ乾電池とマンガン乾電池に加えて以下の廃電池を収集しています。

  1. リチウム電池(使いきり電池)
  2. ボタン・コイン形電池(使いきり電池)
  3. 以下のマークのある電池(充電式電池)
ニカド電池を示すマーク

ニカド電池

リチウムイオン電池を示すマーク

リチウムイオン電池

ニッケル電池を示すマーク

ニッケル電池

廃電池1.~3.の出し方

廃電池をそのまま出すと、ショートして発熱、破裂、発火することがあります。
1.~3.の廃電池は、安全のため、プラス極とマイナス極にセロハンテープやビニールテープなどを貼り、絶縁処理をして出してください。

詳しくは下記の資料をご確認ください。

埋立てごみ袋の使い方について(2015年4月1日)

  • 「埋立ごみ」は、有料の「指定埋立てごみ袋」に入れて袋の口を十字に結び、【ペットボトル・埋立ごみ等】の日に出してください。
  • 「埋立ごみ」とは、焼却または資源として再利用することができない陶磁器、化粧びん、割れたコップなどです。
  • 「蛍光管等」・「刃物」・「廃電池」・「小型混合ごみ」・「その他金属」などは指定埋立てごみ袋には入れず、それぞれきめられた分別方法で出してください。これらは無料で出すことができます。
指定埋立てごみ袋の価格一覧
大きさ 販売単位 販売価格
10リットル 1本(20枚) 200円
20リットル 1本(20枚) 400円
指定埋立てごみ袋(10リットル、20リットル)の写真

せん定枝の出し方について(2015年4月1日)

  • 葉や細い枝などは燃えるごみです。指定の燃えるごみ袋に入れて、燃えるごみの日に出してください。その時に袋の中身が出ない程度の破れは問題ありません。
  • 長い枝は、長さを80センチメートル程度に切りそろえ、一人で持てる大きさに束ねてせん定枝ごみシールを1枚貼って燃えるごみの日に出してください。長さが80センチメートル以上あると焼却炉に入らないため焼却できません。
  • 幹や枝の太さが10センチメートル以上のものは長さを50センチメートル以内に切り一人で持てる大きさに束ねて粗大ごみシールを一枚貼って出してください。
せん定枝ごみシールの写真

ごみ等の持込みについて(2015年4月1日)

平成26年3月31日で「山陽清掃センター」・「山陽桜が丘清掃センター」・「赤坂環境センター」の3施設は閉鎖しました。また、熊山・吉井地域の方が利用されていた「和気北部衛生施設組合クリーンセンター」も閉鎖しました。

赤磐市民の方は、平成26年4月以降のごみの持ち込みについては、「赤磐市環境センター(エコプラザあかいわ):赤磐市津崎197-1」をご利用ください。

問い合わせ先

エコプラザあかいわ(赤磐市環境センター)

電話番号:086-955-1560

本庁環境課

電話番号:086-955-5347

エコプラザあかいわ(赤磐市環境センター)のホームページができました(2015年4月1日)

エコプラザあかいわ(赤磐市環境センター)のホームページができました。
ごみの分別、リサイクルプラザ、足湯等の情報発信をしていきます。これを機会にぜひご利用ください。

この記事に関するお問い合わせ先

エコプラザあかいわ(赤磐市環境センター)

〒709-0807 岡山県赤磐市津崎197-1
電話:086-955-1560
ファックス:086-955-8707

メールフォームからのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。