便乗した消費者トラブルにご注意ください(4月21日現在)

新型コロナウイルスが国内で発生したことに関連して、それに便乗したした消費者トラブルが発生しています。

相談事例

1.注文した覚えのないマスクが届いた。

2.市役所職員を名乗る人物から、非通知の電話で「新型コロナウイルスが流行しているので、気を付けるように」という不審な電話があった。

3.不審なマスク販売広告メールがスマートフォンに届いた。

4.突然自宅を訪問してきた業者から、「新型コロナウイルス流行拡大の影響で金の相場が上がることは間違いない。すぐに金を買う権利を申し込んだ方がいい」と勧誘された。

 

困ったときは相談しましょう

このような不審な電話や訪問、心当たりのないメール、SMSなどがあっても、怪しい・おかしいと感じるものには反応しないようにしましょう。

困ったときは一人で悩まず、周りの人や消費生活センターに相談してください。

 

関連サイト

新型コロナウイルス感染症に便乗した悪質商法について

布マスクの全戸配布に便乗したトラブルについて

フィッシングメールについて

この記事に関するお問い合わせ先

赤磐市消費生活センター

〒709-0898 岡山県赤磐市下市344
電話:086-955-4783
ファックス:086-955-1353

メールフォームからのお問い合わせ