赤磐市 英語版 携帯サイト サイトマップ このホームページについて
文字サイズ変更
トップページ 新着情報 業務一覧 生活地図 くらしのガイド 観光情報
住まいと環境 トップくらしのガイド
住まいと環境
下水道事業(農業集落排水事業を含む)

その他の住まいと環境
水道事業
浄化槽の設置
し尿収集運搬処理・浄化槽の清掃
ごみ収集カレンダー
ごみの減量化
農地の売買・転用
法定外公共物の譲与
建物の建築
土地の開発
市営住宅への入居
道路・河川の占用
交通安全施設
防犯灯
消費生活
火葬場
飼い犬
犬や猫が飼えなくなったら

ライフステージ別メニューで人生の節目に合わせた手続きをご紹介します。
誕生
子育て・教育
成人・結婚
介護・福祉
毎日のくらし
引っ越し・転校
税金
生涯学習
下水道事業(農業集落排水事業を含む)
下水道の役割 下水道受益者負担金(分担金) 下水道への早期接続を 工事は「指定工事店」で 下水道使用料について 水洗便所改造資金等融資の利子補給について 下水道を正しく使うには 排水設備が故障したとき 社会資本総合整備計画について 赤磐市上下水道審議会
下水道の役割
 文化的な生活を目指して、わたしたちの暮らしは豊かになってきましたが、反面、そうした生産・生活活動が、いつの間にか川を汚濁させ、悪臭を発生させるところまで自然を変えてきています。
 汚濁の原因である家庭や工場からの排水を浄化して自然のサイクルの中に返し、美しい自然環境を守り生活環境をよくし、暮らしを快適にするのが下水道の役割です。
このページのトップへ
下水道受益者負担金(分担金)
 下水道が整備され、その利益を受ける地域の建物所有者などに、受益者として下水道整備費の一部を負担していただくものです。
このページのトップへ
下水道への早期接続を
 下水道が整備され利用できるようになりますと、台所や風呂等の排水設備を整え、浄化槽から下水道に切り替えて接続していただきます。また、汲み取り便所は3年以内に水洗便所に改造してください。
 供用開始後3年以内に上下水道に接続すると、早期接続奨励金制度があります。適用要件がありますので、下水道課までお問い合わせください。
このページのトップへ
工事は「指定工事店」で
 水洗便所への改造工事や、台所・風呂などの排水設備工事を安心して行っていただくために、市が工事店を指定しています。工事については指定工事店より見積りをとり、内容確認のうえ注文するようにしてください。市では指定工事店から出された申請書を審査し、工事が完了すると検査を行い、検査済証を交付します。

赤磐市下水道排水設備指定工事店はこちらから
このページのトップへ
下水道使用料について
下水道使用料は、水道(簡易水道を含む)の使用量に応じて計算されます。
  平成27年5月請求分からの下水道使用料金算定表
(1か月あたり、消費税込)
   
 
基本料金(1か月につき) 8m3まで
1,134円
超過料金(1m3につき) 8m3を超え30m3まで
151.2円
超過料金(1m3につき) 30m3を超え50m3まで
172.8円
 超過料金(1m3につき) 50m3を超えるもの
189円
   
  ※下水道使用料は、水道料金とあわせて納付していただきます。
税込の水道料金及び下水道使用料はこちらをご確認ください。[PDF/193KB]
   
       
このページのトップへ
水洗便所改造資金等融資の利子補給について
 汲み取り便所を水洗便所に改造し、下水道に接続しようとする人が、市が指定する金融機関から改造資金の融資を受けたとき、設置者に対して市が予算の範囲内で利子補給金を交付する制度(水洗便所改造資金融資利子補給金交付要綱)を利用できます。
このページのトップへ
下水道を正しく使うには
浄化センターでは、流入してきた汚水をきれいな水にして放流しています。しかし、処理に適さない汚水が流入すると管理が困難になります。下水道を使用するにあたってマナーは守るようにしてください。

■台所の料理くずを流さない 
 料理くずは、目の細かい「コーナー」や「コーナー」に備えたネットなどでうけ、流さないようにしましょう。

■食用油を流さない 
 使用済み食用油は、新聞紙やぼろ布にしみこませ、ゴミとして出しましょう。

■トイレに硬い紙を流さない
 トイレットペーパー以外の紙は、管の目づまりの原因になりますので、流さないようにしましょう。

■その他
 ガソリン、シンナー、石油類は爆発の危険性がありますので、絶対に流さないようにしてください。
このページのトップへ
排水設備が故障したとき
 排水設備に関するトラブルや新設・増設・改造等の工事は、上下水道課または指定工事店へご連絡ください。
このページのトップへ
     
  社会資本総合整備計画について    
 
■社会資本総合整備計画とは
 活力創出、水の安心と安全、地域住宅支援といった政策目的を実現するため、地方公共団体が社会資本総合整備計画に基づき、基幹的な社会資本のほか、関連する社会資本やシフト事業を総合的、一体的に整備するものです。

■社会資本総合整備計画の概要
  ・計画の名称
   赤磐市における、安全で快適な魅力ある水環境づくり
  ・計画の期間
   平成28年度~平成31年度(4年間)
  ・交付対象
   赤磐市
  ・計画の目標
   下水道整備及び浸水対策を行い、安全・安心な生活環境を創造する。
  ・計画の成果目標(定量的指標)
   ①下水道処理人口普及率を74%(平成28年度)から77%(平成31年度)
     へ増加させる。
   ② 下水道による都市浸水対策達成率を62%(平成28年度)から63%(平
     成31年度)へ増加させる。

■社会資本総合整備計画の公表
 社会資本整備総合交付金により事業を実施しようとする場合は、社会資本総合整備計画を作成し、これを公表するとともに国土交通大臣に提出することになっています。 
 本市では、以下の計画を作成し、国土交通大臣に提出しています。

計画[PDF/118KB]

図面[PDF/1.6MB]

事前評価[PDF/82KB]
   
     
  このページのトップへ    
       
  赤磐市上下水道事業審議会    
  赤磐市上下水道審議会が市長に答申
友實武則市長(左)に答申書を渡す佐藤豊信赤磐市上下水道審議会会長

 平成25年12月17日付で「下水道事業の運営について」赤磐市上下水道事業審議会に諮問し、4回の審議を経て、平成26年8月20日に答申をいただきました。
答申書[PDFファイル/187KB]


 平成26年7月28日午後1時30分から、本庁2階中会議室で「第4回赤磐市上下水道事業審議会」が開催されました。
 会議の内容については下記を参照ください。
第4回赤磐市上下水道事業審議会[PDFファイル/431KB]

 平成26年6月23日午後1時30分から、本庁2階第1会議室で「第3回赤磐市上下水道事業審議会」が開催されました。
 会議の内容については下記を参照ください。
第3回赤磐市上下水道事業審議会[PDFファイル/602KB]

 平成26年3月17日午後1時30分から、本庁2階第1会議室で「第2回赤磐市上下水道事業審議会」が開催されました。
 会議の内容については下記を参照ください。
第2回赤磐市上下水道事業審議会[PDFファイル/556KB]
   
     
このページのトップへ
       
受付窓口及び
問い合わせ先
本庁 建設事業部上下水道課 tel.(086)955-2942
このページのトップへ
         
copyright(c)2005Akaiwa-City.All right reserved.