赤磐市 英語版 携帯サイト サイトマップ このホームページについて
文字サイズ変更
トップページ 新着情報 業務一覧 生活地図 くらしのガイド 観光情報
介護・福祉 トップくらしのガイド>介護・福祉・介護保険制度

その他の介護・福祉
介護サービス
高齢者福祉サービス
在宅介護の相談窓口
心身障害者相談員制度
障害者手帳
医療費の助成・公費負担
自立支援給付
各種助成制度
特定疾患者援護
メール119番・FAX119番通報システム
戦傷病者戦没者遺族などの援護
民生委員・児童委員
生活保護制度
人権

ライフステージ別メニューで人生の節目に合わせた手続きをご紹介します。
誕生
子育て・教育
成人・結婚
介護・福祉
毎日のくらし
引っ越し・転校
税金
生涯学習
       
介護保険制度
第1号被保険者 第2号被保険者 介護保険サービスを受けるには
赤磐市高齢者保健福祉・介護保険事業計画
介護保険は、介護を必要とする人やその家族が抱えている介護の不安や負担を、社会全体で支え合うための制度です。
第1号被保険者
受付窓口及び
問い合わせ先
本庁 保健福祉部介護保険課 tel.(086)955-1116
赤坂支所 健康福祉課 tel.(086)957-4822
熊山支所 健康福祉課 tel.(086)995-1293
吉井支所 健康福祉課 tel.(086)954-1374
加入対象者 第1号被保険者:65歳以上の人
保険料 保険料は、3年間でどのような介護サービスがどれくらい必要かを判断して、3年ごとに見直され、その総費用から算出された「基準額」をもとに、原則としてその市の世帯の所得に応じて決められます。
保険料の納め方 (特別徴収)
年金が年額18万円以上の人は年金から天引きされます。
(普通徴収)
上記以外の人は納付書により金融機関、市役所などで納めていただきます。
サービスが利用できる人(介護認定が必要)
寝たきりや認知症などで常に介護が必要と認定された人
家事や身支度などで支援が必要と認定された人
サービスを利用したときの負担 利用したサービス費用の自己負担(1割または2割)(施設に入所した場合は、別に食費などの負担があります。)が高くなりすぎないよう、一定額を超えると高額介護サービス費が支払われます。
その他にも利用者負担の軽減措置がありますので、ご相談ください。
このページのトップへ
第2号被保険者
受付窓口及び
問い合わせ先
本庁 保健福祉部介護保険課 tel.(086)955-1116
赤坂支所 健康福祉課 tel.(086)957-4822
熊山支所 健康福祉課 tel.(086)995-1293
吉井支所 健康福祉課 tel.(086)954-1374
加入対象者 第2号被保険者:40歳から64歳の医療保険に加入している人
保険料 医療保険によって異なります。(医療保険者にお問い合わせください。)
保険料の納め方
健康保険などの加入者は医療保険の保険料と合わせて給料から天引きされます。
国民健康保険の加入者は国保税と合わせて納めていただきます。
サービスが利用できる人(介護認定が必要)
慢性関節リウマチ、脳血管疾患など16種類の特定疾病により介護や支援が必要と認定された人
サービスを利用したときの負担 利用したサービス費用の自己負担(1割)(施設に入所した場合は、別に食費などの負担があります。)が高くなりすぎないよう、一定額を超えると高額介護サービス費が支払われます。
その他にも利用者負担の軽減措置がありますので、ご相談ください。
このページのトップへ
介護保険サービスを受けるには
1.申請
本人、家族の方などから介護保険課または各支所健康福祉課へ申請していただきます。
2.訪問調査
調査員が家庭などを訪問し、調査します。
3.介護認定審査会による審査
訪問調査の結果および医師の意見書をもとに、介護認定審査会で介護の必要程度を判定します。
4.該当→認定
介護の程度に応じて要支援1・2、要介護1〜5の区分に分けられ、その結果を通知します。
非該当→自立
介護保険サービスを受けることができません。
介護予防事業などをご紹介します。赤磐市地域包括支援センターへご相談ください。
5.介護サービス計画(ケアプラン)の作成・サービス利用
このページのトップへ
 
赤磐市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画
   赤磐市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画(全体版)[PDF/5.0MB]は、こちらをクリックしてご覧ください。

 概要版はこちら[PDF/1.0MB]
       
  このページのトップへ    
       
copyright(c)2005Akaiwa-City.All right reserved.