赤磐市 英語版 携帯サイト サイトマップ このホームページについて
文字サイズ変更
トップページ 新着情報 業務一覧 生活地図 くらしのガイド 観光情報
あかいわ生活地図 トップあかいわ生活地図・防災(避難場所)
公共施設
市立病院
防災(避難場所)
子育て
観光(おでかけマップ)
主な公共施設一覧
クリックすると該当する地図が表示されます。
防災(避難場所)
 避難場所は、地震などの災害発生直後に皆さんが一時的に避難する場所で、集会所や学校などがあります。場所、避難経路などを確認しておきましょう。
 市の防災無線・広報車・警察官・消防職員の指示があったら、避難してください。
 また、指示がなくても危険と感じられたら自主的に避難をしてください。
※注意:避難場所は全ての災害に対して安全ではありません。災害に応じた場所を選びましょう。
避難場所マップ-各地域をクリックすると、詳細ページにジャンプします。
このページのトップへ
地震ハザードマップ(地域の危険度マップ)
 地域の危険度マップは、地震による揺れによって発生する建物被害の分布を、相対的に表したものです。具体的には、「揺れやすさマップ」で示した強さの揺れ(赤磐市の場合、震度5強〜6強を想定)となった場合に、建物に被害が生じる程度を「危険度」として表しています。この「危険度」は、50mメッシュ単位で分割した地域に建っている建物の中で、全壊する建物の割合により設定しています。危険度の数値が大きくなるほど地域の建物が受ける被害が大きくなります。
山陽地域 赤坂地域
熊山地域 吉井地域
赤磐市全域
このページのトップへ
洪水ハザードマップ(浸水想定区域図)
 この地図は、旭川水系砂川が大雨によって増水し、堤防が決壊した場合の浸水予測結果に基づいて、浸水の範囲とその深さ、ならびに避難所などを示し、市民の皆さんの避難に役立つよう作成したものです。
 大雨の規模は、2日間で268mmの雨量を想定しています。
 河川のはん濫の恐れがあるときは、市から避難勧告や避難指示(命令)を出しますので、速やかに避難してください。
 なお、雨の降り方や土地の状態、小河川のはん濫などによって、それ以外の地区も浸水することがありますので、日ごろから家の周りの浸水状況に注意し、危険を感じたら早目に避難しましょう。また、大雨のときは、がけ崩れなどの土砂災害が発生する恐れがありますので、注意が必要です。
 いざというときに備え、あなたの家から避難所までの経路や、家族の連絡先などを書き込んで、見やすい場所にはっておきましょう。
山陽地域 赤坂地域
熊山地域 吉井地域
赤磐市全域
このページのトップへ
copyright(c)2005Akaiwa-City.All right reserved.