国民健康保険・後期高齢者医療保険手続きについて(5月8日現在)

新型コロナウイルスの感染防止について

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、手続き期間に余裕のあるもの等、届け出を急ぐ必要がない手続きについては、混雑時の来庁をなるべく避けていただくようご協力をお願いいたします。

郵送での届け出が可能な手続きもありますので、来庁が難しい場合はご利用ください。

なお、国保の加入・脱退は、本来14日以内の届け出が必要ですが、新型コロナウイルス感染拡大防止のために来庁を避けたことで、期間内に届け出ができなかった場合でも、14日以内に届け出があった時と同様の取扱いとします。

国民健康保険

国民健康保険資格喪失届出

他の健康保険に加入したとき、扶養になったときは、郵送により手続きをすることもできます。下記の1~3の書類を同封のうえ、申請してください。

1.国民健康保険資格喪失届出

◆異動届(PDF:187.2KB)

◆異動届(記入例)(PDF:280.3KB)

2.加入した健康保険の被保険者証のコピー(国保を脱退される方全員分)

3.国民健康保険被保険者証(国保を脱退される方全員分)

被保険者証の紛失による再交付申請

国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定の申請について

入院等で高額な治療が必要な場合、医療機関等の窓口で提示することで、窓口での支払いが自己負担限度額までとなる証です。また、市民税非課税世帯の場合、入院時の食費が減額されます。

◆限度額適用 標準負担額減額 限度額適用・標準負担額減額 認定申請書(70歳未満の方)(PDF:124.7KB)

◆限度額適用 限度額適用・標準負担額減額 認定申請書(70歳以上の方)(PDF:114.9KB)

高額療養費の申請について

高額療養費の申請時効は、申請書を送付した月の月末から2年間で、複数月分をまとめて申請することもできます。郵送での申請を希望される方は、申請方法の確認をお願いします。

後期高齢者医療保険

被保険者証の紛失による再交付申請

紛失等で、被保険者証の再交付を希望される場合は、郵送での申請も可能です。

◆被保険者証等再交付申請書(PDF:73KB)

後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定の申請について

入院等で高額な治療が必要な場合、医療機関等の窓口で提示することで、窓口での支払いが自己負担限度額までとなる証です。また、市民税非課税世帯の場合、入院時の食費が減額されます。

◆限度額適用・標準負担額減額認定申請書(市民税非課税世帯の方)(PDF:115.4KB)

◆限度額適用認定申請書(一部負担金の割合が3割の方)(PDF:83.2KB)

高額療養費の申請について

後期高齢者医療になって初めて高額療養費に該当した方に、口座の登録の申請書が送付されます。2回目以降は自動的に還付されます。申請の時効は、申請書を送付した月の月末から2年間で、郵送での申請も可能です。
 

なお、来庁の必要がある場合におかれましても、風邪のような症状がある場合には、できるだけ来庁をお控えいただきますとともに、手洗いや咳エチケットを徹底していただくなど、感染予防にご協力をお願いいたします。

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 市民課 国保年金班

〒709-0898 岡山県赤磐市下市344
電話:086-955-1113
ファックス:086-955-1602
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁

メールフォームからのお問い合わせ