赤磐市 英語版 携帯サイト サイトマップ このホームページについて
文字サイズ変更
トップページ 新着状況 業務一覧 生活地図 くらしのガイド 観光情報
市政なんでもQ&A トップ市政なんでもQ&A固定資産の評価替えについて

関連リンク
このページに関するその他の項目はこちらから。

総合案内
くらしのガイド
教育・スポーツ

Q 固定資産の評価替えについて
A 固定資産税の土地と家屋の評価額は、膨大な量の土地、家屋について毎年見直すことは実務的に不可能であることなどから、原則として3年間据え置く制度になっています。評価替えとは 評価額を適正な均衡の取れた価格に見直す作業を行うことをいいます。
また、家屋の評価替は、再建築価格(ある時点で同じ建物を、再度建築した場合の評価額)方式がとられていますので、これに対して家屋の減点補正等(経過年数による減点、物価補正等)をかけたものと、今までの評価額とを比較して、安い方を新しい課税標準額とします。経年減点、物価補正等は総務大臣の指定した補正率によります。
Q&Aインデックスに戻る
copyright(c)2005Akaiwa-City.All right reserved.