赤磐市 英語版 携帯サイト サイトマップ このホームページについて
文字サイズ変更
トップページ 新着情報 業務一覧 生活地図 くらしのガイド 観光情報
つちのこ情報【はじめに】 トップつちのこ情報>はじめに
つちのこ情報
はじめに
 2000年5月21日、吉井地域黒沢地内で田の草刈をしていた農業Nさんは、草むらにかくれる蛇に似た物体と遭遇した。頭はドラえもんそっくり、草刈り機による一撃でこの謎の生物は水路に逃げ込んだ。それから4日後、近くの主婦がこの生物の死がいをみつけ、丁重に葬った。
発見された死骸
 普通ならここで話はとぎれるわけだが、その話を聞いた旧吉井町役場のS課長は、とっさに「つちのこ」に違いないと直感。死がいを掘り出し、川崎医療福祉大学の佐藤国康教授(生物学)に鑑定をお願いしたわけである。
 このニュースはすぐさま全国に広がり、地元テレビ局はもとより東京からもマスコミが訪れ、ワイドショーランキングも6位になるなど、吉井地域のつちのことして一躍全国に知れ渡ったのである。
 一ヶ月後佐藤教授から鑑定結果が発表され、「ヤマカガシであろうけれども、確かに普通の蛇とは違う、つちのことあすなろを合わせて”ツチナロ”と名づけたい。」とのことであった。
 これに対して地元や町は諦めるどころか、「つちのこは確かにこの地に生息している」との確信を強め(吉井地域内では以前よりつちのこらしき生物の目撃事例があり、テンコロ、ツチノコといった呼名の公表をおこなっているのは10ヶ所もある)、黒沢つちのこ研究会が発足、町もつちのこ生け捕りに2000万円の賞金をだすことを決定し、つちのこ基金条例なるものを設けた。
 つづいて、町長より9名のつちのこ特別捜査員が委嘱され、藤本誠一隊長指揮のもと、今日もつちのこ捕獲大作戦を展開してる。2001年・巳の年はまさしくつちのこの年、夢とロマンを追う男達の活動を中心に、このページを作成した。
このページのトップへ
copyright(c)2005Akaiwa-City.All right reserved.