企業版ふるさと納税

あかいわのまちの未来を応援してください!

平成28年度に創設された企業版ふるさと納税は、国が認定した自治体の地方創生のプロジェクトに対して、企業が寄附を行った場合、法人関係税から税控除する仕組みです。

損金算入による軽減効果(寄附額の約3割)と合わせて、令和2年度税制改正により拡充された税控除(寄附額の最大6割)により、合計で寄附額の約9割が軽減され、実質的な企業の負担が約1割まで圧縮されることになりました。

★令和2年10月からは、専門的知識・ノウハウを有する企業の人材を自治体等に派遣することを通じて、地方創生の一層の充実・強化を図るための「企業版ふるさと納税(人材派遣型)」の仕組みも創設されました。

企業版ふるさと納税制度説明 パンフレット(PDFファイル:11.1MB)

赤磐市の地方創生の取組に、ご賛同いただき、あかいわのまちの未来を一緒につくってくださる企業様を募集しています。

・寄附額は10万円からになります。

・本社が赤磐市にある場合は、本税制の対象となりません。

あかいわモモちゃん

企業版ふるさと納税の仕組みや赤磐市での事業の紹介についてはこちらのパンフレットをご覧ください。

★★赤磐市企業版ふるさと納税パンフレット(2020年度)(PDF:5MB)★★

 

今年度は、次の事業について企業版ふるさと納税での寄附を募集しています。

◆あかいわに戻ろうプロジェクト~多様な世代が支え合い活躍できるまち あかいわ~◆

赤磐市に住む子どもたちや若者が、地域の企業を学んだり、地域の人と関わるきっかけを作ったりしています。

また、若者がまちづくりに関わる機会を作ります。

クラウドソーシングなどの「新しい働き方」を啓発し、多様な世代が活躍できる地域づくりを行います。

中学生と地域住民との語り合う場

 

◆吉井川流域に点在する観光資源の広域連携事業◆

~高瀬舟にゆかりがある地域を結んで 観光資源の価値を生み出す雇用を創出~

瀬戸内市、赤磐市、和気町が連携して、外国人観光客の顧客満足度を向上される取組を充実していきます。周遊ルートの開発やプロモーション活動を行います。

(一社)吉井川流域DMOを設立し、観光を軸とした、地域活性化に取り組みます。

サイクルコース開発調査

◆未来づくり人材種まきプロジェクト◆

~中高生と地域住民の交流が育む サクラサク~

市内の学校や公民館などを拠点として、地域と連携して教育活動の充実を行い、赤磐市の未来を担う人材の育成、地域への愛着の醸成を目指した取り組みを子どもたちと地域住民とが一緒に行います。

 

中学生が復活させた盆踊り

◆あかいわで「関わりシロ」づくりプロジェクト◆

~まちの魅力を掘り下げる 赤鰯プロジェクト~

赤磐市に色々な形で関わる人(関係人口)を増やすために、市が取り組むイベントの運営に関わったり、市内で行われている体験体験活動に参加したりする人を増やす取組です。「あかいわし」を変換すると「赤鰯」が第一候補になるのを、「赤磐市」となるよう知名度アップを目指します。

こんな素敵な葡萄農家さん

企業版ふるさと納税の申込方法

1 寄附のご相談

赤磐市の取組を応援いただける場合は、事業内容、寄附手続きについて、詳しく説明をさせていただきます。直接のご訪問のうえ、説明していただくことも可能です。また、電話、メールなどでも、お気軽にご相談ください。

2 寄附の流れ

1.寄附申込書を市へ提出していただきます。

2.市が事業を実施し、その年度の事業費が確定します。

3.企業様から市へ寄附金を納付していただきます。

4.市が企業様へ寄附金の受領証を送付します。

5.企業様が、受領証を添えて税額控除を申請します。

4 広報活動

赤磐市ホームページ、広報あかいわをはじめ、報道機関へ情報提供を行い、取組を広くPRさせていただきます。

3 申請関係書類

企業版ふるさと納税寄附申出書(ワード:14.9KB)

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策部 政策推進課 地域創生班

〒709-0898 岡山県赤磐市下市344
電話:086-955-1220
ファックス:086-955-1261
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁

メールフォームからのお問い合わせ