熊山遺跡(国指定史跡)

熊山遺跡の写真

古代から聖なる山とされる「熊山」一帯には、33基もの石積遺構が点在しています。

中でも、標高508mの山頂近くにある最大の遺構は熊山遺跡と呼ばれ、国史跡に指定されています。

熊山遺跡2

幾何学的構図をもって築成された石積遺跡で、岩盤を取り入れた基壇の上に、三段の石積が築成されています。

特徴は二段目の各面の中央に龕(がん)が設けられていることです。

築成年代は、奈良時代で、仏塔の一種と考えられています。

 

詳細はこちら↓

この記事に関するお問い合わせ先

産業振興部 商工観光課
〒709-0898 岡山県赤磐市下市344
電話:086-955-6175
ファックス:086-955-6860
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁

メールフォームからのお問い合わせ

更新日:2020年06月01日