移住者インタビュー 上村 統美さん

更新日:2021年07月09日

赤磐市の魅力を全国に発信したい。

上村統美さん

プロフィ―ル

移住の時期:2021年1月

出身地:愛知県

現住所:赤磐市

職業:赤磐市地域おこし協力隊

移住の経緯

・赤磐市に移住するまでの経緯についてお聞かせください。

上村さん:2004年以来、通算10年以上生活した英国から帰国した後、児童英語教師などをしながら、移住先を探していました。それまであまり訪れたことのなかった中国地方を旅行した際、鉄道の車窓から見えたみずみずしい景色や、旅先で触れ合った人々の穏やかさに惹かれ、中国地方への移住を考え始めました。「岡山・島根・鳥取・移住・イギリス・アロマ」などのキーワードで検索していたら「赤磐市地域おこし協力隊員募集(熊山英国庭園)」の記事に出合いました。これまでの経験やスキルを活かして地域に貢献できる、これこそ自分が目指す仕事と思い、期限が迫るなか応募しました。幸い採用が決まり、3か月ほどで準備を整え移住しました。

・お住まいについて

上村さん:採用内定から着任まで短期間でしたので、住まい探しには少し苦労しましたが、活動の主なフィールドである「熊山英国庭園」と市役所どちらにもアクセスが良い地域に決めました。岡山市内にもバス1本で行くことができて、買い物などにも便利です。都会の住宅地とは異なり、周囲に緑が多く交通量も少ないので快適です。また周辺には農産物直売所も多く、新鮮な野菜や果物を買いに出かけるのも楽しみのひとつです。

英国庭園

活動拠点の熊山英国庭園

地域おこし協力隊の活動について

・現在どのような活動をしていますか?

上村さん:赤磐市殿谷にある「熊山英国庭園」と周辺地域の活性化をテーマに活動を行っています。「熊山英国庭園」は、西日本初の本格的な英国式庭園として、廃校になった施設を利用して整備されました。この貴重な資源を更に活かし熊山地域全体、ひいては赤磐市全体の活性化に繋げるのが使命です。

具体的には、年間通じてより多くの人に来てもらうため、季節ごとにイベントを企画し、実施するようにしています。例えば1月には余ったカレンダーの展示会、2月には本場英国式のバレンタインデーを体感してもらうためのイベント、続いてイースター・ハロウィン・クリスマスイベントなどを企画しています。

・将来の目標について

上村さん:「熊山英国庭園」の活動を通じて、更に人脈や活動の幅を広げ、赤磐市全体の活性化に繋がるような活動を目指します。例えば全県下から参加してもらえるようなイベントなども企画したいと思っております。

モモちゃんの着付け

イベントで「あかいわモモちゃん」の着付けをする上村さん

地域のこと

・地域にとけこむために、心がけていることは?

上村さん:出来る限り、公民館活動や自然観察会など地域の行事に参加し、地域の方との繋がりを持てる機会を作るようにしています。移住して、まだ半年余りですが顔見知りの方も徐々に増えつつあります。

・地域の印象は?

上村さん:皆さん、親切で活動に協力的です。地域愛が強く、活動の趣旨を理解するとイベントなどにも、進んで協力してくれます。また熊山地域は、10年ほど過ごしたイギリスの農村風景を思い起こさせてくれて、とても居心地が良いです。

okahituji

熊山地域(赤磐市岡)の風景は英国の農村を連想させる。                          写真提供:上村 統美さん

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策部 政策推進課 地域創生班

〒709-0898 岡山県赤磐市下市344
電話:086-955-1220
ファックス:086-955-1261
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁

メールフォームからのお問い合わせ