高額療養費

 1ヶ月の医療機関に支払った一部負担金が自己負担限度額を超えた場合、超えた部分が支給されます。

限度額適用認定証

 医療機関での窓口負担を自己負担限度額までとする認定証です。
申請により負担区分を判定し認定証を交付します。ただし、70歳未満の人の場合、国民健康保険税に滞納があると交付できません。
70歳以上の人は低所得者1.・2.の区分に該当する場合のみ申請が必要です。その他の人は高齢受給者証を提示することで限度額までの支払いとなります。

70歳未満の場合の所得区分と自己負担限度額

平成27年1月診察分から

自己負担限度額(月額)一覧
所得区分 自己負担限度額(月額)
総所得金額等が901万円を超える 252,600円+(医療費-842,000円)×1%
(4回目以降…140,100円)
総所得金額等が600万円を超え901万円以下 167,400円+(医療費-558,000円)×1%
(4回目以降…93,000円)
総所得金額等が210万円を超え600万円以下 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
(4回目以降…44,400円)
総所得金額等が210万円以下(住民税非課税世帯除く) 57,600円
(4回目以降…44,400円)
住民税非課税世帯 35,400円
(4回目以降…24,600円)

総所得金額等とは、総所得金額から基礎控除(33万円)を引いたものです。

  • 自己負担限度額(月額)について、過去12か月に、同じ世帯で高額療養費の支給が4回以上あった場合は、4回目以降の限度額を超えた分が支給されます。
  • 自己負担限度額(月額)について、同一世帯で、同じ月内に21,000円以上の自己負担額を2回以上支払った場合、それらを合算して限度額を超えた分が支給されます。

70歳以上の場合の所得区分と自己負担限度額

平成29年7月診療分まで

自己負担限度額(月額)一覧
所得区分 外来(個人単位) 外来+入院(世帯単位)
現役並み所得者  44,400円 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
〈4回目以降…44,400円〉
一般 12,000円 44,400円
低所得者2.  8,000円 24,600円
低所得者1.  8,000円 15,000円


平成29年8月診療分から

自己負担限度額(月額)一覧
所得区分 外来(個人単位) 外来+入院(世帯単位)
現役並み所得者  57,600円 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
〈4回目以降…44,400円〉
一般 14,000円(年間上限144,000円) 57,600円
〈4回目以降…44,400円〉
低所得者2.  8,000円 24,600円
低所得者1.  8,000円 15,000円
  • 現役並み所得者とは、同じ世帯に住民税課税所得が145万円以上の70歳以上75歳未満の国保被保険者がいる人。ただし、その世帯の該当者の収入合計が2人以上で520万円未満、1人で383万円未満の場合は、申請により一般の区分に変更になります。
  • 低所得者2.とは、同じ世帯の世帯主と国保被保険者全員が住民税非課税の人(低所得者1.は除く)
  • 低所得者1.とは、低所得者2.に該当し、かつ世帯の所得が一定額以下の人
  • 〈4回目以降…〉とは、過去12か月間に、同じ世帯で高額療養費の支給が4回以上あった場合
  • 外来(個人単位)の14,000円(年間上限144,000円)とは、年間上限の対象期間は、8月から翌年7月までの1年間です。

受付窓口及び問い合わせ先

本庁 市民生活部市民課 電話 (086)955-1113

赤坂支所 市民生活課 電話 (086)957-2226

熊山支所 市民生活課 電話 (086)995-1214

吉井支所 市民生活課 電話 (086)954-1183

仁堀出張所 電話 (086)958-2101

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 市民課 国保年金班

〒709-0898 岡山県赤磐市下市344
電話:086-955-1113
ファックス:086-955-1602
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁

メールフォームからのお問い合わせ