新型コロナウイルス感染症に関するごみの処理にご注意ください

新型コロナウイルス簡易検査キットのごみの捨て方について

新型コロナウイルスの感染流行に伴い、自宅でPCR検査、抗原検査および抗体検査ができる検査キットが市販されてます。使用済みのキット(プラスチックが主材料で針がないもの)は「可燃ごみ」として出せます。感染拡大防止のためにもごみ出しの際には以下のようにお願いします。

※針があるものは市では処理できません。購入した店舗や製造メーカー等へ相談してください。

1.使用後はビニール袋に入れ、ごみに直接触れることがないようしっかりとしばり、4日間保管してください。

(ウイルスは、付着した物の種類によって24時間から72時間くらい生存すると言われています。)

※万一、ビニール袋の外に触れた場合は、袋を二重にしてください。

2.ごみをビニール袋に入れた後は石鹸を使って、流水で手をよく洗ってください。

3.4日経過したら、「可燃ごみ」として出してください。

感染拡大防止のためにも、皆様のご協力をお願いします。

事業所から排出される検査キットの捨て方について

事業所から排出される検査キットは、産業廃棄物となります。

処理については、産業廃棄物処理業者にご相談ください。

使用済のマスク等の捨て方について

ご家庭で使用したマスクティッシュなどをごみとして排出する場合、新型コロナウイルス感染症対策として次のことに注意くださるようお願いします。

1.ごみに直接触れない

2.指定ごみ袋はしっかりしばる

3.ごみを捨てた後は手を洗う

(感染防止のために)ごみ袋の空気を抜いて、いっぱいに詰めすぎないよう、ご配慮お願いします

ごみ収集車にごみを積み込む際に、袋が破裂し、使用済みのマスクやティッシュが飛び散ることがあります。飛沫感染を防止し、安全に作業が続けられますよう、以下の点にご協力お願いします。

  • ごみ袋の空気を抜いてください。(破裂を防止するために。)
  • しっかりと袋の口が結べるように、ごみ袋にいれるのは余裕をもった量にしてください。(いっぱいにならない量で。)
この記事に関するお問い合わせ先

エコプラザあかいわ(赤磐市環境センター)

〒709-0807 岡山県赤磐市津崎197-1
電話:086-955-1560
ファックス:086-955-8707

メールフォームからのお問い合わせ