橋梁の長寿命化計画

赤磐市 橋梁の長寿命化計画について

 赤磐市が管理する橋梁は、橋長15メートル以上が91橋、橋長15メートル未満が475橋の計566橋あります。その多くは高度経済成長期以降に集中的に整備され、今後20年で建設後50年を経過する割合が急速に増加し、老朽化による安全性の低下や補修・架替えなどの維持費が増大することが予想されています。

 今後、限られた予算や人員の中、損傷が顕在化して大規模な補修を行う「事後保全型の維持管理」を行う場合、補修・更新費用が増大し、適切な維持管理を続けることが困難になるため、定期的に点検を実施し軽微な損傷の段階で計画的な補修を行う「予防保全型の維持管理」へ転換することにより、橋梁の長寿命化を目指すとともに、計画的な修繕を実施するため、「赤磐市 橋梁の長寿命化計画」及び「赤磐市 道路橋梁維持管理計画」を策定しました。

 

橋梁点検実施数

平成26年度 34橋

平成27年度 134橋

平成28年度 164橋

平成29年度 146橋

平成30年度 88橋

この記事に関するお問い合わせ先

建設事業部 建設課
〒709-0898 岡山県赤磐市下市344
電話:086-955-1486
ファックス:086-955-6860
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁

メールフォームからのお問い合わせ